BETA

Developers Boostに行ってきたよ

投稿日:2018-12-17
最終更新:2018-12-17

12月15日に行われたDevelopers Boost(デブスト)に行ってきました。
たくさん人がいて、また有名な企業の方々もいらっしゃり大変刺激を受けました。
というわけで、私が参加したカンファレンスとその感想を少しづつまとめとこうかなと思います。

Androidからサーバーサイドまで!プログラミング言語 Kotlinの魅力

Kotlinという言語は聞いたことがある程度だったので、その詳細が少しでも聞ければ嬉しいとおもい拝聴させていただきました。
・開発がJetBrainsである、Javaと相互運用性(共通のAPIを使用できる)がある
・JavaやSwift、Goといった静的型付けの、オブジェクト指向な言語
Javaの経験がほぼないため、Javaとの対比でお話しされていたためわからないことも多かったですが、WebからAndroidなど様々な場面で使えるようです。確かに便利そう!

先端機械学習モデルを自社サービスに導入

Tech BoostのAIコースを少しかじっていたので、面白そうだなと思って拝聴させていただきました。
Word2Vecという、単語をベクトルに変換する技術について知ることができました。
これを使用することで、「王様」「男」+「女」=「女王」というような意味の演算が可能とのことです!すごい!
他にもビジネスの観点から機械学習を取り入れる際のお話など、めっちゃ面白かったです。

検索結果の良さを計測して定量的に改善していく

食事名で検索をするアプリの検索結果について、ユーザーの望んだものをいかに反映させるか、MRR(Mean Reciprocal Rank)と呼ばれる評価手法を用いて改善したお話でした。
測りにくい指標を測る「ものさし」について、面白い体験談をお聞きすることができました。

スーパーエンジニアではなくとも好きな分野で生きていくには

自分は俗にスーパーエンジニアになれる気は全くしないので聞きたいと思っていましたが、めっちゃ参考になりました。
・目標も経験も異なる人と自分を比較することは意味がない
・目標のキャリアパスのベクトルを決め、運を引き寄せる行動をとる
・キャリアパスは選択肢を残せるよう、修正が効くような決め方をする
・マイナスポイントではなくブラスで動くべきであり、この環境に行けば最低でもなメリットを得られるというのを探すことが重要
などなど、今後の活動する際には忘れないようにしようと思います。

Hello, Cloud Native Apps!

Docker、Kubernetesなどコンテナ技術の利用により、ゲーム開発や運用にどのような変化が起こったかのお話でした。
内容については自分の知識が乏しいせいかだいたいよくわからなかったです(汗
ですが、コンテナ技術についてはかなり興味がある分野だったり、発表にネタ要素もあってとても楽しく拝聴させていただきました。

Docker/KubernetesによるCloud Nativeな開発と未来

私が一番楽しみにしていた発表がこれで、少しでもDockerやKubernetesについて詳細が聞けると嬉しいと思い拝聴させていただきました。
Cloud Nativeなプロダクトのメリット、Kubernetesの魅力や将来性など、とても楽しそうに発表されていた青山さんが印象的でとても面白かったです。
Kubernetesの本の購入も検討しなければ!

総評

今回初めてこういった技術的なカンファレンスに出席してみました。
どの講演もとても面白くてエンジニアを目指して勉強するモチベが上がりました。
こんな素晴らしいイベントが無料で参加できるなんてすごい世の中だ!またこういうイベントに参加したいです。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

作ったもの、プログラミングで共有できそうなこと、IT関連でやってみたことなど、なんでも書いていきます。ヤドン可愛い

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!