Qrunchに期待する・したい事 ~Qiitaから来ました~

公開日:2018-11-11
最終更新:2018-12-03

【"自分の城化"を加速させられる下地作り】

他色々個人的に思う所もあるのですが、それはまぁ何かの機会に書くとしまして、
とりあえず今はこの1つに尽きるなー と。

ちなみにこの表現、以下の記事を見て「はーなるほど」となりました。
Zuishin - Qrunch はデザインが弱点
自分の城...良い響きですね (・ヮ・*

自分が一番強く感じた両サービスの違い

Qiitaから来た自分の立場から見ると、同じ"技術知識の溜まり場"を売りとしたサービスとしても 、「サイトに寄稿するタイプ」のQiitaと「個人技術ブログの集合体」のQrunchとで明確な違いを感じました。

恥ずかしながら、自分は最初Qiitaを知ったときも、ROMとして使い続けていた時も、このあたりを勘違いしていました(+_+
実はQiitaに一度「自分の通ってきた技術や経験だけをサクっと書いた、ただの自己紹介」的なものを一番最初に投稿したのですが、
運営さんに消された過去があります...

あくまで技術的な記事だけを投稿(むしろ感覚的には寄稿)する場所であり、ただの自己紹介は不適切というのも、今では納得できます。
もしかしたら自分と同じ勘違いをした方が、同じような道を通って記事を消された事がある..かもしれません。

なので、QrunchというサービスをQiitaトレンドで知ったときは「おー!?」となりました。
もっと気軽にアウトプットできる技術ブログサービス「Qrunch(クランチ)」をリリースした【個人開発】
なにより「自分のブログ感覚だよ~」と、運営さん側の明確なスタンスで後押しして貰えるのが本当に心強い。

つまりどういう事なのかと言えば―

  • 技術とは直接関係のない「ポエム」「自分語り」「お気持ち」を投稿してもOK
  • ただの自己紹介投稿も運営に消される心配がない
  • 「こんな記事ここに投稿すんなや(意訳)」と後ろ指さされる云われもない (* 多数の人から「それ間違ってません?」とツッコミ噴出する記事とかなら別でしょうが)

これって、今のQiitaが孕んでいる問題やジレンマだと思うんです。

「Qiitaで記事を読む」→「記事を読んで思った事や別視点の記事をQiitaに書く」
ごく自然な流れに見えるかもしれませんが、技術要素と強く絡めないレベルの感想や意見だけだと単純にポエム化してしまい、
「質の低い」或いは「Qiitaに相応しくない」記事と見なされやすい風潮がワリと根付いてしまっているのだと感じました。
(Qiitaのスタンスからすると、自然だともいえるのでしょうが)

そしてこれらの問題は全て「自分のブログに投稿してるだけなんだし別にええやん?」でいとも簡単に振り払えます
Qiitaではそれが出来ませんが、Qrunchでは出来ます。

自分にとってはこの違いが本当に大きくて大きくて...

なので、この投稿も安心した気持ちで書けています...〆(・ω・*)

技術水準や知識量の話で言えば、既に先人の文献を大量に抱えているQiitaの方が遥かに高いでしょう。
ただ、アウトプットはし辛いなという苦手意識が自分は働いているので、積極的に手を動かす場所としては、Qrunchのほうがはるかに安心できるなぁ、という話でもあります。

デザインカスタマイズで"自分の城化"が加速する

上で挙げた記事、デザインカスタマイズの話があるのですが、結構目から鱗でした。
確かに「自分のブログっぽさ」をより前に出す事が出来れば、書く方は勿論の事、
検索から新規流入した読む側にとっても、寄稿感は無意識のうちに削ぎ落されていくのではないでしょうか。

フォントの大きさや領域の幅なんかは、弄れたら嬉しいです。記事の書きやすさ読み易さに直結するので。 デフォルトで、テンプレからなにがしかの配色を選べるとかあると良いかもしれませんね。
アイコン画像以外にも、壁紙みたいなものをアップロード出来たら・・・うーん、考えるだけでもちょっとワクワクします

....
...ハイごめんなさい、言うだけならタダですものね・・・
実装の手間やコストなども普通に掛かると思います。
何かお手伝いできるような甲斐性も技術力も金銭的余裕すらもありません。

ひとつ進んでできる事と言えば、積極的にサービスを利用する事くらいでした(ズコー

最後に

折角なので、両サービスで公式側が出している、一番好きなページリンクを張って終わりにしたいと思います

Qiita:「Qiitaを利用されている方へ - 皆さまへのメッセージ」

Qrunch:「Qrunchiとは - もっと気軽に技術ブログを書こう!」

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
145
+1
ひげさんのチラ裏だったりカンニングペーパーだったり学習ノートだったりする所です。

よく一緒に読まれている記事

2件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
11/13 16:30

記事を書いてくださり、ありがとうございます!
デザインテンプレートはいくつか公式で用意して、ユーザーが好きなものを選べるようにはしたいなと思っています。 カスタマイズ面について、サービスとしてはまだいろいろと検討中の段階ですが、求められているものを実現できるように頑張ります!

11/19 18:11

おほーっwww どういたしまして!(ありがとうございヤス!)

あれもこれもといちユーザーの希望に沿おうとしていたら絶対にキリがない&どこかでダブルスタンダードが発生すると思うので、声を拾いつつも最終的には取捨選択する感じで、気長に宜しくお願いしまっす。

機能的な物よりは装飾的なものなので、仮にこさえるとしても、優先順位は低めで良いんじゃないかなーと思いました ヽ(・ω・)ノ

目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする