【Unity】水面を走らせてみた!Realistic Water!

公開日:2018-11-13
最終更新:2019-01-26
※この記事は外部サイト(https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/27)からのクロス投稿です

【やりたいこと】水面を走らせてみたい!

水上移動するものを作ってみたい!

できますよ(^^♪

しかも、あっさりと(^^♪

では、さっそく見ていきましょう!(^^)!

【5分でできた!】

※ダウンロード時間は5分の中に含まれていません。

1.使用したもの

・Realistic Water

https://assetstore.unity.com/packages/vfx/shaders/realistic-water-33434

2.手順

①アセットのダウンロード

「1.使用したもの」をダウンロードします。

②Seaを開く

KriptoFX > Water2.0 > Scene > PC > Unity5からSeaを開きます。

③ボートを操作してみる

ゲームを実行し、ボートを操作してみます。

ボートの操作は、

W:前進 S:後退 A:左旋回 D:右旋回

④ボートの見た目を変える

a. ボートの子要素に、適当な3Dモデルを追加する。

b. ボートのMeshRendererを非表示にする

⑤BoatSimulatorスクリプトで速度を調節する

a. ボートのinspectorビューからBoatSimulatorスクリプトを開く。

b. 以下の画像の赤下線の数値を変えることで速度を調節できる。

⑥ゲームの実行

追加した3Dモデルを走らせてみましょう(^^)/

詳細

画像が見づらい場合は、以下のリンク先に移動することをおすすめします。

https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/27

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
18
+1
パソコン関連で役に立った情報を発信します

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする