【Unity】現実世界の地形を作りたい!WorldComposer!

公開日:2018-11-14
最終更新:2019-01-26
※この記事は外部サイト(https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/25)からのクロス投稿です

【やりたいこと】現実世界の地形を作りたい!

【10分でできた!】

※ダウンロード時間は10分の中に含まれていません。

1.使用したもの

・WorldComposer

https://assetstore.unity.com/packages/tools/terrain/worldcomposer-13238

・Bing Map

https://www.bingmapsportal.com/

2.手順

①アセットのダウンロード

WorldComposerをダウンロードします。

②Bing mapアカウントの作成

下記のリンク先でBing mapアカウントを作成します。

https://www.bingmapsportal.com/

③Bing keyの取得

My AccountからMy keyをクリックします。

下記の画像の赤下線のところをクリックします。

下記の画像の赤下線のところを必ず記入、設定します。

Key TypeはBasicにします。

Application typeはDev/Testにします。 ※私は、試すだけでしたので、Dev/Testにしました。

下記の画像の赤下線のところをクリックし、表示されるKeyをコピーします。

④Bing keyを設定する

UnityのメニューバーからWindowを選択し、WorldComposerをクリックします。

Map ParametersのMap TypeのKをクリックします。

Bing Keyを入力する欄に、先ほどコピーしたKeyをペーストします。

⑤作りたい地形の場所を決める

Regionsの「+」マークをクリックします。すると、新しい地域が設定できるようになります。

U.S.Aを自分で作成したものに変更します。

Regions、Areaの「E」をクリックします。名前を変更します。

作りたい地形の場所に緑の十字マークを合わせます。

AreaのCenterの「Set」をShiftキーを押しながらクリックします。

すると、緑の十字マークを中心にして、長さ1.09㎞の正方形を範囲とします。

⑥出力する

※画像左上のRegionsタブをクリックし、非表示にしておくことをおすすめします。

ExportHeightmapとExportImageをクリックし、データを出力します。

上のタブからCreat Terrainを表示させ、Creat Terrainをクリックします。

これで、Unityのシーン内に指定した地形が表示されます。

⑦Unityのシーンで確認する

航空写真のデータから、地形の高さも反映されています!(^^)!

詳細

画像が見づらい場合は、以下のリンク先に移動することをおすすめします。

https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/25

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
36
+1
パソコン関連で役に立った情報を発信します

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする