【Unity】Gaiaを試してみた!

公開日:2018-11-22
最終更新:2019-01-26
※この記事は外部サイト(https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/19)からのクロス投稿です

【やりたいこと】地形作成で有名なGaiaを使ってみたい!

みなさん、天地創造のお時間です!

神になりましょう!

ゴッドになりましょう!

ということで、今回は、簡単に神になれ、、、、地形を作れるGaiaというアセットの紹介です!

【10分でできた!】自作地形の完成!

※ダウンロード時間は10分の中に含まれていません。

1.使用したもの

・Gaia

https://assetstore.unity.com/packages/tools/terrain/gaia-42618

・Standard AssetのCharacters、Effects、Environment

※ダウンロード方法は、後に記載

・Post Processing

※ダウンロード方法は、後に記載

2.手順

①Standard AssetのCharacters、Effects、Environmentのダウンロード

Unityのメニューバーから、

Assets > Import Package を選択し、

Characters、Effects、Environmentをインポートします。

※Environmentをインポートする場合は、SpeedTreeのチェックマークを外しましょう。

Import Packageに以上の項目がない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/2015/06/26/232958

②Post Processingのインポート

a.Window > Package Managerを選択します。

b.赤下線の「All」をクリックします。

Post Processingをクリックし、インポートします。

③Gaiaのダウンロード

Gaiaをダウンロードします。

④Gaia Managerの表示

a.Window > Procedural Worlds > Gaia > Show Gaia Manager… を選択します。

b.手順①、②でインポートしているため、「Ignore」をクリックします。

c.以下の画面が表示されれば成功です。

⑤地形を作成

a.Gaia Managerの

「1. Create Terrain & Show Stamper」をクリックします。

シーン内にGaiaが表示されれば成功です。

b.地形を作成するための、Stampを選びます。

Stampsフォルダから、適当なStampを選びましょう。

※私は、Island_19を選択しました。

c.選んだStampをStamp Previewにドラッグ&ドロップします。

d.赤枠のStampをクリックします。

すると、StampがTerrainに反映されます。

⑥草、木、家を設置

a.「2. Create Spawners」をクリックします。

b.Gaiaの子要素に○○Spawnerが追加されていることを確認します。

c.Coverage Texture Spawnerを選択し、inspectorビュー下のSpawnをクリックします。

すると、以下の画像のように、Terrainが変化します。

d.他の○○Spawneも同じように、Spawnをクリックします。

以下の画像のように、木、草、家が適当な場所に追加されていると思います。

⑦海を設置

a.「3. Create……」をクリックします。

b.以下の画像より、分かりづらいですが、海ができています。

⑧歩き回ろう!

自分で作成した地形を歩き回ろう(^^♪

操作方法は、マウスの右クリックを押しながら、Wキーを押すと前に進むよ!(^^)!

詳細

画像が見づらい場合は、以下のリンク先に移動することをおすすめします。

https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/19

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
パソコン関連で役に立った情報を発信します

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする