BETA

【Unity】GaiaのStamperの使い方 基本操作編

投稿日:2018-11-27
最終更新:2019-01-26

【やりたいこと】Gaiaを使いこなせるようになりたい!

今回の記事は、前回の「Gaiaを試してみた!」の記事を読み終えた後に読むことをおすすめします。

https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/19

Gaiaは、とても簡単に地形を作成できるアセットです!

どんなふうに作るのかって、、

そりゃ、簡単よ、

スタンプを選んで、ポチよ。

ということで、

今回は、Stamperの使い方基本操作編です(^^)/

【10分でできる!】簡単すぎるStamperの使い方 

※ダウンロード時間は10分の中に含まれていません。

1.使用したもの

・Unity 2018.2.14f1 (64-bit)

・Gaia

https://assetstore.unity.com/packages/tools/terrain/gaia-42618

※Gaiaをセットアップするために、他にダウンロードするアセットがあります。こちらの記事で確認してください。

https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/19

2.手順

①Gaiaの準備

Gaiaの準備は、こちらの記事を参考にしてください。

https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/19

②TerrainとStamperの追加

Gaia Managerから「1.Create Terrain & Show Stamper」をクリックします。

③使用スタンプの準備

(a) Stamperをクリックし、inspectorビューを表示させます。

(b) Projectから、

Asset > Gaia > Stamps

を選択します。Stampsフォルダの中では、さらに、地形の種類ごとにフォルダ分けされています。

(c) Stampsフォルダの中の地形名フォルダを開くと、

地形の高度を白と黒で表された画像が、いくつかあります。

※白が高いところ、黒が低いところ。

(d) 画像を1つ選び、Stamp Previewにドラッグ&ドロップします。

すると、シーン内に地形が表示されます。しかし、まだ地形が作成されてはいません。試しに、Stanper以外のGameObjectをクリックしてみてください。地形が表示されなくなると思います。

地形を作成するには、Stanper inspectorビューの下側にある「Stamp」をクリックします。

④スタンプの位置、向き、大きさの変更

(a)

Position X Y Zの値を変更することで、スタンプの位置を変更します。

Rotationの値を変更することで、スタンプの向きを変更します。

(b)

Widthの値を変更することで、スタンプの広さを変更します。

Heightの値を変更することで、スタンプの高さを変更します。

(c)

Ground Baseのチェックを外すことで、Position Yの値を変更できるようになります。

参考動画

https://gph.is/2BvkzP0

https://gph.is/2S8OnpW

⑤スタンプの補助機能

(a) Show Sea Levelのチェックを外すことで、海が作成されるであろう空間を非表示にできます。

(b) Show Rulesにチェックすることで、スタンプに距離を表示することができます。

⑥スタンプの操作

Groundは、スタンプのY値をリセットします。

Fit to Terrainは、スタンプの広さと高さをリセットします。

Previewは、スタンプを表示・非表示にできます。

Stampは、スタンプの設定に基づいて、地形を作成します。

Undoは、地形作成のやり直しです。

参考動画

https://gph.is/2PRigP2

https://gph.is/2Sbvuma

詳細

画像が見づらい場合は、以下のリンク先に移動することをおすすめします。

https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/9

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

パソコン関連で役に立った情報を発信します

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう