BETA

【Unity】OpenCV for Unityを試してみた!

投稿日:2018-11-19
最終更新:2019-01-26
※この記事は外部サイト(https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/22)からのクロス投稿です

【やりたいこと】流行りのOpenCV for Unityを試してみたい!

実は、最近、Unity界に大事件が起こりました!

大事件の日は、11月11日、

そう、ポッキーの日です。

世間が、ポッキーの日だ!

いやいや、プリッツの日だ!

と論争を交わしているなか、

Unityは、

独身の日

という独自の路線を突っ走り、

なんと、

UnityAssetStore半額セールを開催していたのです!!

神様、仏様、独身最高!!

ということで、

Asset半額セールの波にのって、今まで、買い渋っていたものを、爆買いしてしまったUnityマンもたくさんいらっしゃるかと思います!

特に、高額のAssetをここぞとばかりに購入した方も多いかと思います!

なので、今回は、通常価格約1万円のアセット

OpenCV for Unityのはじめ方を紹介したいと思います!(^^)!

※うまくできなかったところもあります。

【5分でできた!】

※ダウンロード時間は5分の中に含まれていません。

1.使用したもの

・OpenCV for Unity

https://assetstore.unity.com/packages/tools/integration/opencv-for-unity-21088

2.手順

①アセットのダウンロード

OpenCV for Unityをダウンロードします。

②準備

a. Unityのメニューバーから

Tools > OpenCV for Unity > Set Plugin Import Settings

を選択します。

b. OpenCVForUnityフォルダのStreamingAssetsをAssetフォルダに移動します。

③ひきつづき準備

a. Build Settings…を開きます。

b. Scenes in BuildにOpenCVForUnity > Exampleフォルダ以下の○○.Sceneをすべて追加します。

④サンプルを実行してみる

OpenCVForUnityExampleを実行します。

一言メモ

Scenes in Buildに追加していないSceneは、OpenCVForUnityExampleから移動できない。

⑤色々試してみる

詳細

画像が見づらい場合は、以下のリンク先に移動することをおすすめします。

https://hk-ryukyu.club/hideto/archives/22

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

パソコン関連で役に立った情報を発信します

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!