WordPress お問い合わせフォーム 設定(Contact Form 7 & SendGrid)

公開日:2018-12-04
最終更新:2018-12-04

Contact Form 7 プラグインを使ってメールフォームを作成してみたが、
メール設定のところを頼まれたので設定方法をまとめました。

前提

SendGrid

クラウドメールサービス
メールの送信方法

  • SMTP
  • Web API
  • マーケティングメール機能

月通数上限はありますが、配信状況/エラーの確認とかもしてくれるので面倒なことしなくていいのが助かります。
今回は、Microsoft Azure を使っているという大人の事情もあったので・・・

Contact Form 7

インストール

有効化されていること前提。
基本的な使い方とかは今回は省きます。

設定

WP Mail SMTP

インストール

以下の画像の赤枠部分をデフォルトから変更します。

API key は SendGrid側で既に作成されている場合は、作成済みのkeyを貼れば大丈夫です。
未作成の場合は、API keyのコメント「 Create API Key. 」からSendGridのログインページに飛べるので、そこからAPI keyを新規作成しましょう。
SendGrid のAPI keyは一回しか表示されないみたいなので、必ず作成時に別途保管しておきましょう。

設定が完了したら「Save Settings」を押下て保存。

同画面内にEmail Testがあるので、ちゃんと送信されるかテストしましょう。

Contact Form 7

続いてお問い合わせフォーム側の設定。
ショートコードをコピーして、お問い合わせを配置したいページに貼るだけ。
フォームのカスタマイズはご自由に。
メールタブから宛先を任意のメールアドレスに変更しましょう。
設定は以上です。

最後に、実際に配置したお問い合わせフォームからテスト送信しましょう。
※宛先は実在のメールアドレスにしてくださいね。

まとめ

WordPressのプラグインを使って簡単にお問い合わせフォームが設置出来ました。
今回はSend Gridを使用しましたが、メーラの設定は任意で設定出来るので自分にあった環境で設定してみましょう。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
@hachi8の技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする