BETA

書籍『なるほどなっとく C#入門』書きました

投稿日:2019-03-08
最終更新:2019-03-08

Qrunchでの初めての投稿です。

僕の書いたC#プログラミングの書籍『新・標準プログラマーズライブラリ なるほどなっとく C#入門』が、技術評論社様より出版されることになりました。

経緯など

この企画が出版社から来たのは約2年前、前著『実戦で役立つ C#プログラミングのイディオム/定石&パターン』が出版されてすぐのことです。

あれから、少しづつコツコツと原稿を書き続け、この3月ようやく出版されることになりました。

編集者さんからは、

「ここの説明をもっと丁寧に」
「これは初めての用語だから説明をして」
「具体的な例をあげてください」
「もうすこし文章を工夫して」

などなど、いろんなリクエストがあり、その対応に、思いの外時間がかかってしまいました。いやー本当に長かったです。

でもその甲斐があり、ページ数※は予定よりも増えてしまいましたが、自分で言うのもなんですが、とても分かりやすい本になったと思います。

編集者さんも、とても分かりやすく良い本になった、と言ってくださっているので、自信を持って世に送り出すことができます。

※ 当初は350ページの予定でしたが、約450ページと100ページも増えてしまいました。

本書の特徴

本書は、プログラミングが初めての人がC#を学ぶことのできる本で、以下のような方針で執筆しています。

  • C#初心者が理解し身に付けてほしい機能を厳選し、ポイントを絞った解説にする。

  • C#の文法の説明だけでなく、なぜその機能があるのか、どういった時に使うのかという点も納得できるようにする。

筆者が初心者プログラマーだった頃を思い出しながら、丁寧でわかりやすい説明を心がけました。

それと、サンプルプログラムは、文法を説明するだけの無味乾燥なコードにならないように工夫もしています。

オブジェクト指向プログラミングの説明では、ポリモーフィズムについても丁寧に説明しています。初心者向けの本としては、すこし欲張った内容になっています。

初心者本を卒業した人でも、7章以降のオブジェクト指向プログラミングの説明は、役立つ内容となっていると思います。

興味のある方は、本屋などで手にとって内容を確認していただけると嬉しいです。

本屋に並ぶのか… それも不安の一つではありますが…

本の目次

以下、目次です。

第0章 C#プログラミングを始める前に
第1章 初めてのC#プログラミング
第2章 変数と変数の型
第3章 演算と演算子
第4章 条件に応じた処理
第5章 繰り返し処理
第6章 配列
第7章 クラス/オブジェクト指向プログラミングの基礎
第8章 静的メソッド/静的プロパティ/静的クラス
第9章 クラスを使いこなそう
第10章 クラスについて掘り下げる
第11章 値型と参照型
第12章 リストクラスとLINQ
第13章 継承
第14章 ポリモーフィズム
第15章 エラーへの対応

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

gushwellの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!