BETA

進化計算アルゴリズム入門 二章

投稿日:2019-11-03
最終更新:2019-11-03

画像

内容

グレイコードを使うと、
お菓子分配問題を上手く表現できる。

なぜならば、各整数を各遺伝子としてとったとき、交叉のとき値が変わらない。
そこで、交叉をするために2進数を使用する。
これで突然変異も起こしやすい。

しかし、ビットの1によって大きく値が変わってしまうため
グレイコードを使用する。

染色体の表現

染色体の表現を工夫しよう。
うまくやると効率よく表現できる。

感想

ソースコードがひどい、やる気がうせた。
自分でやっぱり実装してコーディングしよう。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

雑多まとめ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!