Powershellで数値範囲を正規表現する

公開日:2019-07-01
最終更新:2019-07-01

正規表現を利用して数値の範囲指定した条件を作成したい(桁数が増えても範囲可)

code(powershell)

とりあえず1~31を条件としたい場合を例とする
"1桁|2桁|2桁"の形で"1~9|10~29|30~31"を示している
"^":文字列の先頭、"$":文字列の最後、"[範囲]":一文字の範囲
OR関連性を持たせるためパイプ(|)を利用する
(演算子-orではTrueやFalseの結果をORとして利用する場合をイメージ)

#1~31  
"^[1-9]$|^[1-2][0-9]$|^3[0-1]$"  

正規表現のマニュアル確認

^、[]、$等の記載がされている
念の為確認

> get-help about_regular_expressions  
トピック  
    about_Regular_Expressions  

簡易説明  
    Windows PowerShell における正規表現について説明します。  


詳細説明  
    Windows PowerShell は、次の正規表現文字をサポートしています。  


        形式     ロジック                         例  
        -------- -------------------------------  -----------------------  
        値       元の値の任意の場所にある文字列   "book" -match "oo"  
                 と完全に一致する。  

        .        任意の 1 文字と一致する。        "copy" -match "c..y"  
...  

出力結果

-matchなどで条件指定できているか確認できる

> 1 -match "^[1-9]$|^[1-2][0-9]$|^3[0-1]$"  
True  
> 32 -match "^[1-9]$|^[1-2][0-9]$|^3[0-1]$"  
False  
> 10 -match "^[1-9]$|^[1-2][0-9]$|^3[0-1]$"  
True  
記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
12
+1
シンプルにpowershell

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする