BETA

AdaでFizzbuzz

投稿日:2018-11-28
最終更新:2018-12-04

なぜにAda

初投稿Adaだったのにずっと手つけてなかったので。

色々文法試したかったので、無駄に長いコードになってるよ。

コード

ada_online_compiler


--GNAT 4.9.3

-- 使用するライブラリの宣言
with Ada.Text_IO;
use Ada.Text_IO;
with Ada.Integer_Text_IO;

-- mainとなる関数名は何でもよい
procedure FizBuz is
   -- サブプロは宣言部に記載
   function ModFB(I: in Integer) return Integer is
      ret: Integer := 0;
   begin
      if I mod 3 = 0 and i mod 5 = 0 then
         ret := 3;
      elsif I mod 3 = 0 then
         ret := 2;
      elsif I mod 5 = 0 then
         ret := 1;
      end if;
      return ret;
   end ModFB;

   procedure FizzBuzz(I: in Integer) is
   begin
      -- パターン網羅出来てないとコンパイラが怒る。なかなかやるやん。
      case ModFB(I) is 
         when 3      => Put_Line("FizzBuzz");
         when 2      => Put_Line("Fizz");
         when 1      => Put_Line("Buzz");
         when Others => Ada.Integer_Text_IO.Put(I, 1);
                                          New_Line(1);
      end case;
   end FizzBuzz;
begin
   for I in Integer range 1 .. 100 loop
      FizzBuzz(I);
   end loop;
end FizBuz;

実行結果

1
2
Fizz
4
Buzz
Fizz
7
8
Fizz
Buzz
11
Fizz
13
14
FizzBuzz
16
17
Fizz
19
Buzz
Fizz
22
23
Fizz
Buzz
26
Fizz
28
29
FizzBuzz
31
32
Fizz
34
Buzz
Fizz
37
38
Fizz
Buzz
41
Fizz
43
44
FizzBuzz
46
47
Fizz
49
Buzz
Fizz
52
53
Fizz
Buzz
56
Fizz
58
59
FizzBuzz
61
62
Fizz
64
Buzz
Fizz
67
68
Fizz
Buzz
71
Fizz
73
74
FizzBuzz
76
77
Fizz
79
Buzz
Fizz
82
83
Fizz
Buzz
86
Fizz
88
89
FizzBuzz
91
92
Fizz
94
Buzz
Fizz
97
98
Fizz
Buzz

感想

なかなか読みやすいね。リファレンスは読みにくいけど。

このサイトがなければ即死だった

一番時間かかったのは、サブプロをどう定義するかで、悩みまくり。

このサイトを見つけるまでが長かった。

ClassとかGenericsとかもあるみたいなので、 そのあたりうまく使ってDomemo作ろうかしら。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@erimiyaの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう