技術ブログを開設する
ログイン
もっと気軽にアウトプットできる技術ブログプラットフォーム

Q:オーロラは寒くないと見えない?

A:そんなことはない

ただ、極付近で発生しやすいのと、暗い時間が長い、冬の方が観測条件的に良いので 見やすい時期は「冬」となる。

日本でもオーロラが見える?

1770年9月17日、観測履歴が残っている

https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170920.html

規模は超でかいもので、名古屋、京都、沼津、鹿児島などのほか、洞庭湖、ブカ、ティモールでも見えたらしい。

(ティモールでの発見者はキャプテンクックとの事)

2003年のハロウィンではアメリカとかオーロラ見えた

京都よりも緯度が低い、ヒューストン(ほぼメキシコ付近)でも見えた!

ちなみに、北海道でも特殊なカメラでは見えたらしい(肉眼では観測不可だった)

オーロラの仕組み

  • 宇宙から降ってくる電子が大気に衝突して出る光。
  • 酸素や窒素が上空では赤、下の方では緑で光る。

このため、真下から見ると、緑の部分しか見えない。 遠くから見ると、上部の赤い部分も、下部の緑の部分も見える。 さらに遠くまで行くと、上部の赤い部分しか見えなくなる。 だから、同じオーロラでも、観測場所によって違うように見えたりする。

どこでできてんの?

国際法上、上空100km以上は宇宙と定義されている。 それより上にできる。

ISSは300kmの付近にあるが、赤いオーロラはここにできる。 ただ、オーロラできたよっしゃー!!って突っ込むかどうかは人によりけりで、 オーロラの中に突っ込むと半端ないレベルの放射線を浴びてしまう。

なんでできるの

  • 原因は太陽フレア。
  • フレアの大きさは地球6個分くらい。
  • 太陽の直径は地球110個くらい。

黒点がでかいほどオーロラが見えやすくなる。 黒点ではN極とS極が複雑な状態になっていて、これが解けると爆発して、ガスやら電子やらが放射される。 それが地球の磁気圏にあたると、直撃せず、受け流しはしてくれるけども 地磁気の関係で極のあたりに流れ込んできたりして、オーロラが発生しやすくなる。

フレアってキレイやん?

ところがぎっちょん、昔はフレア起きてもキレイだねーで済んだけど、今はオーロラ出ると衛星が死ぬ。 2003年の事例だと、日本の衛星の中には、一週間ほど再起不能になったものもある。 国によっては通信系も止まったところもあるし、ヨーロッパではGPS死んで停電した地域もある。 原発とかも出力落として点検したり。

フレア発生直後

X線が地球に光の速度で届くので、短波通信障害がおこる。

30分~数日後

磁気圏にぶつかった電子とか陽子の影響で放射線がやばいことに。 宇宙で船外活動してたり、人工衛星、高高度飛行してる飛行機とかに影響がある。 もちろん短波通信障害がおこる。

1日~2日

プラズマが磁気圏をすべりこんできて、オーロラが発生する。 通信障害がおこる。 この時、電流が送電線に流れ込んで、大変なことになる場合がある。

そのほかにもこんな話も

  • 飛行機もルート変更しないといけなくなって、時間が余計にかかったり。
  • ベトナム戦争の時も、フレアで機雷が誤爆した。
  • アフガン戦争も通信不良で着陸場所ミスって、作戦失敗。

太陽以外でも起こるの?

核爆発とか、太陽以外の爆発ではできる? 昔、アメリカやロシアが派手な花火の限界バトルをしていた時はプラズマが発生したとかなんとか。 太陽系以外で起きたやつなら、太陽の磁気圏が守ってくれる。

ロマン

ボイジャー1号は太陽圏突破している。 2号はもうすぐ突破する。 https://voyager.jpl.nasa.gov/

太陽粒子の検出数がなくなったら、2号も太陽圏を突破したということになるとの事

この辺の情報はオープンデータとして公開されているらしいが、 どこにあるのかはよくわかってない。 上手く見つけ出したら、ちょっと分析してみたい。

Space Apps Challengeについて

  • チャレンジカード(お題を簡約したものをカードに印字して配布)
  • 楽しいだけではなく、勝つためのイベント運営

NASAの最終コンペに残り、Award受賞する事を目的とし、過去の受賞作品を傾向分析。 また、動画で判断されるので、プロを呼んでバックアップ体制を作る。

これはすごい取り組みで、いいアイディアがあって、いい開発エンジニアがいても、 動画まで作るのはかなりしんどいと思う。 プログラマとデザイナの違いみたいな。 このアプローチは、他のハッカソンでも取り入れていけると思う。 目的の共有って大事だね。

東京の作品紹介で、キワモノだなって思ったもの

  • ウナギサクセン
  • 魔法少女べんぬ

僕もなんか考えて作ってみよかな。

TELSTAR

http://spacemgz-telstar.com/

なんと大学1年生の人が関西支部代表!! メインは東京にあるけど、冊子の発行までやっている。 運用コストどう賄ってるのかと思って聞いてみたら、協賛企業や個人の応援によって賄っているとの事。

もし気になる人がいたら電子書籍版見てみて、気に入ったら応援してあげてください!!

シンガポールから中継

シンガポールでのハッカソンイベントについての体験レポ。

政府や企業主導でやってるようで、優勝者には出資のチャンスもあるらしい。 その分、空気は殺伐としているとの事(笑)

ハッカソンとしてはどうなのって考えもあるみたいだけど、お金は結局必要なので、それはそれでありかなと。

関連記事

この記事へのコメント

まだコメントはありません
3
@erimiyaの技術ブログ
3
このエントリーをはてなブックマークに追加