BETA

Windows10 で Atom をセットアップ

投稿日:2019-07-14
最終更新:2019-07-14

こんにちは。ドミノ(@dr3mms)です。
Windowsのエディタでオススメの Atom についてまとめました。

ダウンロード(zip版)

Atom公式サイトRelease notes をクリック

beta が付いていない v1.38.2 をクリック

atom-x64-windows.zip をクリックしてダウンロード

解凍する
ディレクトリ名を Atom にリネームして、任意のパスに配置する
atom.exe を実行する


Welcome Guide を次回以降表示したくない場合、左下の Show Welcome Guide when openingAtom のチェックをはずす
`

Register as default atom://URI handler?No, Never をクリックする

Telemetry Consent は今後の開発のために Atom に匿名でデータを送るかどうか。どちらかをクリックする


設定

Ctrl + , (または FileSettings)で設定画面が開く

コア設定

プロジェクトホーム

C:\Users\{ユーザ名}\Documents\workspace

エディタ設定

インデントガイドを表示

チェックをONに

不可視文字を表示

チェックをONに


ショートカット

Ctrl + Shift + M

Markdown や HTML をプレビュー表示する

Ctrl + Shift + p

コマンドパレットを表示する


パッケージ

file-icons

ファイルの先頭に拡張子から判断したアイコンを表示してくれる

highlight-line

現在選択している行をハイライトしてくれる

highlight-selected

選択した文字と同じ文字をハイライトしてくれる

show-ideographic-space

全角スペースを編集記号で表示してくれる

atom-html-preview

Ctrl + Shift + H で HTML がプレビュー表示される

atom-beautify

HTMLなどを整形する

color-picker

色をその場で確認できる

atom-runner

Alt + R でカーソルのあるファイルを実行してくれる

linter

linter-ui-default

linter-flake8

pip install flake8 でインストール
where flake8 でインストールパスを取得
Ctrl + , で Settings ⇒ Packages ⇒ linter-flake8 ⇒ Settings の Executable Path に先ほどのインストールパスをセット

project-manager

プロジェクトを管理する
Alt + Shift + P でプロジェクト一覧を開いて遷移する

remote-FTP

リモートサーバのファイルを編集する


参考

Atomインストール後のおすすめ設定-Welcome GuideとTelemetry Consentを消す ゼロイチ
AtomでPythonの開発環境を作る方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】 | TechAcademyマガジン

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@dr3mmsの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう