【Swing】eclipse に Swingプラグインをインストールして Hello Wolrd してみる

公開日:2018-11-09
最終更新:2018-12-14
※この記事は外部サイト(https://www.doraxdora.com/blog/2017/08/26/...)からのクロス投稿です

eclipseをインストールしたので、
とりあえずクライアントで動作する Swing を用いて Hello Worldを。

Swingとは

Wikiより転載

Swingは、プログラミング言語 Java のGUIツールキットである。Oracle社のJava Foundation Classesの一部であり、同じくJavaの GUI ツールキットである AWT を拡張したもの。Javaプログラムにグラフィカルユーザインタフェース(GUI)を提供するAPIである。


SwingはJavaFXにより置き換えられる方針だそうですね。

やる意味あるかな・・・笑

Swing 開発用プラグインのインストール

上部メニューの「ヘルプ」>「新規ソフトウェアのインストール」を選択します。

インストールダイアログの「作業対象」から
「Oxygen - http://download.eclipse.org/releases/oxygen」 を選択します。

表示された項目の中から、「一般」>「Swingデザイナー」にチェックを入れ
「次へ」ボタンをクリックします。

インストール詳細画面が表示されるので「次へ」ボタンをクリックします。

ライセンス同意画面が表示されるので「使用条件の条項に同意します」にチェックを入れ、
「完了」ボタンをクリックします。

インストールが完了すると、ソフトウェア更新画面が表示され、
再起動を促されるので「はい」ボタンをクリックして eclipse を再起動します。

以上でインストールは完了です。

サンプルプロジェクトの作成

プロジェクトの作成

上部メニューの「ファイル」>「新規」>「Java プロジェクト」、
またはパッケージ・エクスプローラ上で右クリックして同様に「Java プロジェクト」を選択します。

プロジェクト名に「SwingApp」と入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

Java 設定画面が表示されるので、「完了」ボタンをクリックします。

パッケージの作成

作成されたプロジェクトのツリーを展開、「src」を右クリックし、
「新規」>「パッケージ」を選択します。

パッケージ名を入力して「完了」ボタンをクリックします。

JFrameクラスの作成

作成したパッケージを右クリックし「新規」>「その他」を選択します。

「WindowBuilder」>「JFrame」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

名前に「MainForm」と入力し、「完了」ボタンをクリックします。

作成後、最低限必要なコードが自動で生成されます。

コンポーネントの配置

エディタの左下に表示されている「Design」タブをクリックし、デザイナービューを表示します。

「Components」の「JLabel」をクリックし、フォームの上部に配置。

表示を「New Label」から「Hello Swing!!」に変更します。

アプリケーションの起動

パッケージエクスプローラーの「MainForm.java」を右クリックし、
「実行」>「Java アプリケーション」を選択します。

上記のように表示されれば完了です。

今回はひとまずここまで。

ではでは。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
18
+1
@doraxdoraの技術ブログ 主に Java, C#, Python, Javascript の記事を載せていく予定。

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする