Angular, React(Redux), Vue(Nuxt, Vuex)を使ってサービス開発を行った経験を踏まえ、今後の新規サービス開発ではAngularを使うことにしている。その経緯。

そもそもなぜSPAなのか?

  • UIの開発コストが低い
  • UX向上に繋がる(高速な画面遷移、インタラクティブなUI)
  • サーバーコストが低い(画面遷移で不要なリクエストが発生しない)

Railsなど従来の技術(MPA)では画面遷移の都度わざわざ全画面を再描画し、裏側では同じデータを都度リクエストしている。スマホユーザーの時間とギガを搾取し、サーバーコストも嵩む。

SEO云々はこちら。Meta(タイトル、OGP)のみSSRが個人的最適解。

https://s8a.jp/benefits-of-blogging-to-spa
https://qiita.com/shibukawa/items/184d3101946ec4fa98c1
https://lealog.hateblo.jp/entry/2017/07/10/073926

なぜAngularなのか

Angular is Angular

ReactやVueの場合、自由度の高さゆえに属人的なアーキテクチャが敷かれ、環境ごとのキャッチアップを強いられる。Angularは厳格かつ保守的で、案件をまたいで一貫性が担保されている。CSSで言うとBEMのような存在。

また、RoutingやValidator、Lintなど昨今のプロダクトでまず必要になるであろう機能が初期セットに内蔵されており、玉石混合のライブラリに依存しなくていい。Reduxでいくか?Lintどうするか?などと言った議論や衝突を丸ごとスキップできる。

採用確度が担保される

React, Vueは軽量ゆえに学習コストが少ない。仮想DOMの表面的な理解のみでドライブするユーザーも多く、玉石混合。

対するAngularは学習量が多く、一定の覚悟とリテラシーが必要。皆がReact, Vueを選ぶ中でAngularを選ぶということは、それらの理解と、自分の解釈があることを意味する。Angularはユーザーも現場も希少が故に相互依存になり、プロジェクトが続く限り関係が続くことが多い。

以上を踏まえ、Angularユーザーの時点で一定のリテラシーと、長期契約が期待できる。


なお、アジアではReact, Vueの勢いがあるが、欧米ではReact, Angularが二強となっている模様。

https://medium.com/zerotomastery/tech-trends-showdown-react-vs-angular-vs-vue-61ffaf1d8706

関連記事

この記事へのコメント

まだコメントはありません
0
About Web Service
0
このエントリーをはてなブックマークに追加