BETA

kaggleのkernelでのデバッグの仕方

投稿日:2019-10-17
最終更新:2019-10-17

タイトル通り。colabratoryとか、jupyterなどでも当然使える。

from IPython import embed  

Ipython.embedをimportして、 インタラクティブシェル(対話のやつ)に入りたいところに、embed()を配置する。

そうすると、embed()を入れたところから動かせる

def foo():  
  a = 2   
  b = 3  
  embed()  
  return a + b  
foo()  

kaggleのkernelで実行すると、次の写真のようになります

参考:あなたの生産性を向上させるJupyter notebook Tips | リクルートテクノロジーズ メンバーズブログ

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@currypurinの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう