BETA

kaggleのkarnelで、matplotlibを利用する際に日本語を使う方法

投稿日:2019-09-03
最終更新:2019-09-03

kaernelの初期状態では、日本語は使えないので、japanize-matplotlibを使って日本語をつかえるようにする方法です。

kernelを開いたら右側の、Packageのところをクリックし
pip package nameと表示されている箇所に、
japanize-matplotlib と入力してEnterを押します。

すると、インストールがはじまり、次の図のようにComplete.Restart your interactive session to access the packageと表示されるので、 カーネルをリスタートし、import japanize_matplotlibすると、日本語が使えるようになります。

pip installの時はjapanize-matplotlibで、importの時は、japanize_matplotlibなので、気をつけましょう。

参考:

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@currypurinの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!