BETA

2019年のMacBookは何を買うべきか(個人的意見)

投稿日:2019-07-18
最終更新:2019-07-18

MacBookのバッテリーがアウト、、、

今年の2月ぐらいからバッテリーが逝かれてしまいました。

CPUとメモリは、当時のMacBookの最高スペックにしていたので、
スペックはいい感じで、開発もできて文句なく利用できていたんです。

項目 内容
型番 MacBook (Retina, 12-inch, 2017)
CPU 1.4 GHz Intel Core i7
メモリ 16 GB 1867 MHz LPDDR3

ですが、スペックに文句はないのですが、バッテリーの方がアウトになってしまいました。。。

バッテリーの充電はできているんですよ。

充電回数もそこまで行ってないつもり何ですけどね、、、

ただ、時々熱暴走のような状況になると、充電ができないことが事態が発生し始めたので、買い換えることを検討していました。

Genius Barの予約しましたが、、、

しょうがないので、電話でAppleにバッテリー交換ができるか確認し、
当日交換可能と聴いて、予約して後日、渋谷へGO!!

担当者と話していると、あれ?5日間預けなきゃダメだと!?

フリーランスで働いていて、MacBook改修されると仕事にならないので、
諦めるしかなかったんです。
2019年9月あたりに新作発表があると信じて、、、

2019年7月の急な発表!?

Mac新作が急にきましたね。
と思いきや、
あれ??
( ゚д゚) ・・・
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚) ・・・
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
(;゚ Д゚) …!?
MacBookが廃盤になっただと!?

いや、MacBookの後継機に買い直そうとしていたんですが、
ないじゃないですか、、、

しょうがないので、選択肢は2つ
 ①MacBookPro
 ②MacBookAir
しかないわけですよ。

大前提

スペックだけを考えると、こちら何ですよね。

項目 内容
型番 MacBook Pro (15-inch, 2019)
CPU 第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)
メモリ 32GB 2,400MHz DDR4メモリ
価格 ¥368,800 (税別)

確かに快適でしょうが、最重要課題は【持ち運びが容易】なこと、なんです。
重いと継続的に持ち歩いて肩と腰がやられそう、、、

そうなると、やはり13inch以下のモデルになります。

13inch以下を比較

比較内容 13インチ MacBook Air 13インチMacBook Pro① 13インチMacBook Pro②
CPU 1.6GHzデュアルコア第8世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz) 第8世代の1.7GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.5GHz) 第8世代の2.8GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.7GHz)
メモリ 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ 16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ
Touch ID Touch ID Touch BarとTouch ID Touch BarとTouch ID
Thunderbolt 3ポート 2 2 4
ストレージ 512GB SSDストレージ 512GB SSDストレージ 512GB SSDストレージ
価格 ¥183,800 (税別) ¥236,800 (税別) ¥275,800 (税別)

CPU

比較するとMacBookProがコア数からキャッシュまで圧倒的に数値が高いんです。
ですが、TDPが大きいのが気になっています。

TDPはCPUの最大消費電力になり、低いほど省電力となるので、
僕のように外で利用する場合、バッテリー消費が激しくなる可能性が考えられます。

特に外付けのバッテリーも持ち歩いているので、
MacBookProだと、外付けバッテリー利用における延長可能時間が短くなるかと思います。

買い替えとなると悲しくなりますが、
現在利用中の12インチ MacBookとほとんど数字が変わらなくて、
現状の運用と同じように利用できるという点で良いかなと思います。

比較内容 12インチ MacBook 13インチ MacBook Air 13インチMacBook Pro
CPU Core i7-7Y75 Core i5-8210Y Core i7-8569U
コア数 2 2 4
スレッド数 4 4 8
プロセッサー・ベース動作周波数 1.30 GHz 1.60 GHz 2.80 GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.60 GHz 3.90 GHz 4.70 GHz
キャッシュ 4 MB 4 MB 8 MB
TDP 4.5 W 7 W 28 W

メモリ

15inch以上でないと32GBは選択できないので、
13inch以下であれば、どれも16GB固定にカスタマイズを選択しちゃいます。

Touch ID

今回から、MacBookProのTouch Barなしのモデルがなくなったので、
MacBookAirにするかMacBookProにするかで、大きな判断ポイントですね!

実際の運用でTouch Barを利用したことはないですが、必須ではないかなと、、、
今後のAppleの方向性として、いつかは利用しないと行けなくなりそうな気はしますが。

Thunderbolt 3ポート

現在のMacBookが1口でやりくりできてはいるので、
4個もある必要はないので、2個口であってもOK!
ただ、色々ガジェットをつけるのに足りない!!という方は4個口もありでしょうね。

ストレージ

ここは1TBも惹かれましたが、
現状の512GBで問題なく利用できているので、
僕個人は512GBあればいいかな、と感じています。

価格

差分が激しいですね(笑)
安ければいいというわけではないですが、不要なスペックであるならば、安い方を選択するのはありと思っています。

結論(自分的な)

上記を1週間近く考え、悩み、

13インチ MacBook Air

の購入を決めました!!!

とはいえ、ぶっちゃけ既存のMacBookとスペックにおいて、それほど違いがないため、
ちょっと悲しい気分になっています。

届いたら現行機と比較してみようかと思います。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@canaoの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!