戦術なき戦略は勝利にいたる最も遠回りな道であり、戦略なき戦術は敗北の前の雑音である

2019-01-11に投稿

戦略の世界史(上) | 日本経済新聞出版社 という本を読んでいて、第15章の冒頭に孫子のものという 「戦術なき戦略は勝利にいたる最も遠回りな道であり、戦略なき戦術は敗北の前の雑音である」なる言葉が引用されていたのだけど、なんか聞き覚えがないしそもそも彼の時代には戦略だの戦術だのという言葉はなかったろうと(もちろん考え方としてはあったかもしれないけど、そのものずばりを指す「単語」は「発明」されてなかったのでは?ということ)いうことで調べてみた。

結論から書くと、英語圏で割と最近になってから作られたものらしい。以下 Sun Tzu - Wikiquote から。

Strategy without tactics is the slowest route to victory. Tactics without strategy is the noise before defeat.
Probably apocryphal. This quotation does not appear in any print translation of Sun Tzu. The first citation in Google Books is from 2002; no citation in Google Books occurs in a translation of Sun Tzu.

このログへのコメント

コメントはありません
このエントリーをはてなブックマークに追加