BETA

[ルーティング]スタティックルーティング コマンド

投稿日:2020-05-01
最終更新:2020-05-01

スタティックルーティング

ネットワーク管理者が手動でルート情報を登録し、更新時も同様に手動。
小規模なネットワーク向け。

スタティックルーティングでルーティングする

ex) PC1-RT1-RT2-PC2

  • グローバルコンフィギュレーションモードでコマンド入力
    RT1(config)#ip route (RT2-PC1間のネットワークアドレス)(サブネットマスク)(ネクストホップ)  

RT2とPC1間のネットワークアドレス。
(=RT1が直接接続していない、知りたい宛先の所属しているネットワーク)
ネクストホップ
RT1が次に転送するべきルータのインターフェースのIPアドレス。
(=RT2の、RT1と繋がっているインターフェースのIPアドレス)

  • ルーティングテーブルを確認

     RT1#show ip route  
    
     S 192.168.3.0/24 [1/0] via 192.168.2.2  

    上記のエントリが追加されていればOK

  • RT2も同様
    グローバルコンフィギュレーションモードから、

      # RT2(config)#ip route (PC1が所属しているネットワーク)(ネクストホップ)  

    ルーティングテーブルを確認

    pingが通るか確認
    PC1からコマンドプロンプト

    ping 192.168.3.2  

    192.168.3.2 :PC2のIPアドレス
    応答が帰ってくればOK

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

記憶力がミジンコの自分に向けた覚え書き

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう