横文字で殴って教えた気になってるんだろ

公開日:2019-06-07
最終更新:2019-06-07

InputとOutputの回転と頻度が激しい環境に数ヶ月いて気づいたこと。
それは、『伝える』能力ってのは思っていた以上に千差万別なのだということ。

決して、私が教えることに長けていると認識しているわけではないし、なんの実績もないけれど、
まわりを見ていて、「もっといい教え方ありそうだけどなぁ」と思うことがそれなりにあったので。

個人的に気を付けていることをまとめてみる。

1.情報は極端に削ぎ落とせ

1から100まで伝えようとしないこと。

誰もそこまで人に教わろうとしていないし、そんな情報量を一気に伝えられない。
伝える情報は最小限に簡潔に。無駄な装飾は理解の邪魔になる。
初めて触れる技術なんかは特に専門用語のオンパレードだろうし、横文字のオンパレードでもあるだろう。
んなもん使うな。まず理解できない。

横文字使えば頭いいと思ってんだろ

2.「変換」を見逃すな

書籍や参考書で専門用語が出たとして、文面をそのまますぐ飲み込む人は少ないだろう。
まず自分の言葉に「変換」して理解しようとするはずだ。

口頭で伝えるときもこのプロセスが動いている。
どこかのタイミングで、私が使っていた単語が相手なりの単語や表現に変換される。
そこですかさす相手の表現を説明に取り入れること。

3.「達人のメタファー」を身につけろ

比喩はとても便利だ。
異国の話だって遠く昔の話だって、身近なものに例えればだいたいわかりやすくなる。
ユーモアも増えるかも。

達人のメタファーとは、万人がコンマ1秒もかからず理解するほどの圧倒的なメタファーのこと(勝手に定義した)

たとえば国民的知名度を誇る何か。
たとえば有名なスポーツ。
たとえば……。

比喩の表現を増やすには、自分の興味のある範囲の外に自ら飛び込む必要がある。
大変だなぁ。

4.教える相手のステータスを意識しろ

この「ステータス」ってのは、
相手の知識がどこまであるのか、どこまで理解したいのか等の情報のこと。

相手が変換した表現などから予想したり、あるいは聞いてもいいかもしれない。
「どんくらい理解できればいい?」
と。

技術知識はないが、横文字に抵抗がなさそう/英語が得意

あまり変換しなくても伝わりそう。ただ、「あるある」ネタは伝わらないし冷めるのでNG。

ある程度技術の知識がある

相手の知っている知識をこちらが理解しているなら、その知識を比喩につかって説明してみる。

技術知識がなく、横文字に抵抗がある。

相手の変換にひたすら合わせる。

5.ミスはすぐに訂正しろ

伝えたことに違和感があって、後から間違って伝えたことに気づいたら、
私は間違えたことをお伝えしました」という札を首からぶら下げること。

そうすればおそらく、
「この人は自分のミスをちゃんと訂正できる人なんだな」
となるか、
「この人はミスをする人だ、話は半信半疑で聞こう」
となるか。

それは相手次第だ。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
185
+1
@bigfootの研修ログとか、備忘録とか。

よく一緒に読まれている記事

5件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
06/07 12:08

特に技術系は抽象的な内容が多くあったりするので身近なものに具体化できるセンスが問われる所ありますよね。 私も勉強中です。

06/07 17:33

@beatmanianoza コメントありがとうございます。 硬いものをどう柔らかく伝えるかですよね。 日々精進です。

06/10 09:17

横文字に対してさらに詳しく説明を求めることも大切だなと感じるあります。わからないことをわからない時に聞く。わからないところを明確にする。といったことも教わる側は徹底しておくべきだなと思います。逆に教える側も相手がわからないところを汲み取って理解度を図ることも大事ですよね!最初の”『伝える』能力ってのは思っていた以上に千差万別”はその通りだと思いますしだからこそ林修先生のように人気のある先生から「うちの現代文教師わかりずらいから嫌い!」といったような陰口も発生するもんなんだと思います。長文失礼しました。

ちなみにメンションってどうやって付けましたか・・・?

06/10 13:41

@intel コメントありがとうございます。

横文字に対してさらに詳しく説明を求めることも大切だなと感じるあります。 感じますねぇ。特にこの界隈はなんでもかんでも横文字にして略したがる嫌いがある気がします。

ちなみにメンションってどうやって付けましたか・・・? qrunch.netの記事からコメントに対してメンションできますよ。

06/17 09:11

私も横文字反対派ですが、違う意味でです。それはカタカナ英語なので、海外の人と英語で話すときの弊害になっているからです。また、日本語を学ぶ外国人が一番理解できないのが、カタカナ化した日本語です。 横文字を本来の正しい英語発音で言えばまだ良いのですが。。。

目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする