BETA

RubyでYAMLファイルの読み出し・書き出しを行う方法

投稿日:2019-12-23
最終更新:2019-12-23

こないだ初めて使ったので、その備忘録に。

.ymlファイルの読み込み

以下のファイルを読み込みます。

names.yml

names:  
  - brian  
  - michael  
  - ann  
  - bruno  

YAMLライブラリをrequireして、使います。

require 'yaml'  

data = open('names.yml') { |f| YAML.load(f) }  
# or  
data = YAML.load_file('names.yml')  

data #=>{"names"=>["brian", "michael", "ann", "bruno"]}  

.ymlファイルの書き出し

dumpメソッドを使います。
YAML.dump(変換したいオブジェクト, ファイルオブジェクト)のように使います。

data = { 'names' => ['brian', 'michael', 'ann', 'bruno'] }  

YAML.dump(data, File.open('names.yml', 'w'))  

上記を実行すると、以下のように.ymlファイルが作成されます。

names.yml

---  
names:  
- brian  
- michael  
- ann  
- bruno  

以上です。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

BЯunoの技術ブログ。日々学んだことを記録していくよ。

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう