BETA

Github で fork したリポジトリを本家の更新に追従させる

投稿日:2019-02-22
最終更新:2019-02-22

概要

ま,ようは,独自のパッチをあてて使ってるソフトウェアがあるんだけど,本家はそれなりに活動しててバグフィックスやら,セキュリティフィックスやら,機能追加もしてると.なので,追従して,かつ,自分の独自パッチもまた当てたいという,比較的よくありそうなシナリオをどうするかって話です.

参考資料にあげているページがとても良いので,その通りにすれば OK.

考え方

前提として,本家 master を追従するということにします.

  1. fork したリポジトリを clone しただけでは,本家のリポジトリの情報はないので, upstream という名前(別に任意で好きな名前で良い)で,remote add する.

  2. 追加した upstream を利用して,本家の更新をもってくる.本家のブランチがそのまま入っているブランチがあるような状態.

  3. 自分が手を入れているブランチで,git rebase “本家追従ブランチ” する.rebase するのは,単に,本家の先頭に追加する形で,自分の変更が入ってる状態が好みなため.

コマンド例

git remote add upstream https://github.com/...  

git fetch upstream  

git merge upstream/master (手元にある本家追従ブランチ e.g. master で行う)  

git rebase master (本家追従ブランチを master という名前にしているという状態で,手元の自身の変更がはいってるブランチで行う)

参考資料

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@asiaの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!