BETA

【Ubuntu Desktop 20.04】Fail2Banをインストールする

投稿日:2020-09-14
最終更新:2020-09-11

Ubuntu Desktop 20.04に、Fail2banをインストールする手順です。
SSHを有効にするには以下の手順でopenssh-serverをインストールします

動作確認済み環境

  • Ubuntu Desktop 20.04.1 LTS(日本語 Remix)

インストール方法

$ sudo apt -y install fail2ban  

Fail2banの起動状態の確認

$ systemctl status fail2ban  

Active: active (running)であればOKです、Fail2banは起動済みです。
CentOS7のFail2banとは以下挙動に違いがあります。

  • 自動でFail2banが起動する
  • sshdのフィルタは、以下confファイルによりデフォルトで有効
    • /etc/fail2ban/jail.d/defaults-debian.conf

Fail2banのフィルタ動作状況を確認

$ sudo fail2ban-client status sshd  

banしたIPアドレスをunbanする

$ sudo fail2ban-client set sshd unbanip [banしたIPアドレス]  
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

しがないインフラエンジニア屋さんです。いままでローカルのメモ的なテキストでしかアウトプットしてなかったので、ちょっとずつここに記していくよ(不定期更新)

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう