BETA

【VirtualBox】VirtualBox 6.1.14にしたらHyper-Vと共存できるようになった件

投稿日:2020-02-26
最終更新:2020-02-26

先日VirtualBoxを6.0.12から6.1.14へバージョンアップしたら、
今まで不可能だった「Hyper-VとVirtualBoxの共存」が可能になっていました。
いままでVirtualBoxを検証する時は、Hyper-Vの機能を無効化してたので地味に嬉しい。
6.1.0で追加された以下機能のおかげで共存できているのかもしれません。

Virtualization core: Support for nested hardware-virtualization on Intel CPUs (starting with 5th generation Core i, codename Broadwell), so far tested only with guest running VirtualBox

VirtualBox 6.0.12の場合

Hyper-Vが有効の状態でVirtualBoxの仮想マシンを起動すると、以下のエラーで起動できませんでした。

VirtualBox 6.1.14の場合

Hyper-Vの仮想マシンが起動している状態から、さらにVirtualBoxの仮想マシンが起動できています。
もちろんHyper-Vは有効化したままです。

確認済み環境

  • ホスト
    • Dell Latitude 3380 (Core i5-7200U 7th Gen)
    • Windows 10 Pro Version.1903
    • VirtualBox 6.1.14
  • VirtualBoxVM
    • CentOS7.6
    • Windows Server 2012R2

Hyper-Vと共存するとVirtualBoxVMの性能が落ちる?

Windows Server 2012R2の動作が全般的にもっさりしているので
WinSATをインストールして計測してみました。
共存すると性能が劣化している??

共存した環境のVM

C:\Users\Administrator\winsat>WinSAT cpu -encryption  
Windows System Assessment Tool  
> Running: Feature Enumeration ''  
> Run Time 00:00:00.00  
> Running: CPU Assessment '-encryption'  
> Run Time 00:00:03.02  
> CPU AES256 Encryption                        107.11 MB/s  
> Dshow Video Encode Time                      0.00000 s  
> Dshow Video Decode Time                      0.00000 s  
> Media Foundation Decode Time                 0.00000 s  
> Total Run Time 00:00:03.63  

C:\Users\Administrator\winsat>WinSAT disk -seq -read -drive c  
Windows System Assessment Tool  
> Running: Feature Enumeration ''  
> Run Time 00:00:00.00  
> Running: Storage Assessment '-seq -read -drive c'  
> Run Time 00:00:00.98  
> Dshow Video Encode Time                      0.00000 s  
> Dshow Video Decode Time                      0.00000 s  
> Media Foundation Decode Time                 0.00000 s  
> Disk  Sequential 64.0 Read                   365.21 MB/s          7.9  
> Total Run Time 00:00:01.08  

共存していない環境のVM

共存した環境と全く同じハードですが、こっちの方がCPUは6倍、ディスクは3倍近く速い?

C:\Users\Administrator\winsat>winsat cpu -encryption  
Windows System Assessment Tool  
> Running: Feature Enumeration ''  
> Run Time 00:00:00.00  
> Running: CPU Assessment '-encryption'  
> Run Time 00:00:03.09  
> CPU AES256 Encryption                        621.00 MB/s  
> Dshow Video Encode Time                      0.00000 s  
> Dshow Video Decode Time                      0.00000 s  
> Media Foundation Decode Time                 0.00000 s  
> Total Run Time 00:00:03.67  

C:\Users\Administrator\winsat>winsat disk -seq -read -drive c  
Windows System Assessment Tool  
> Running: Feature Enumeration ''  
> Run Time 00:00:00.00  
> Running: Storage Assessment '-seq -read -drive c'  
> Run Time 00:00:00.55  
> Dshow Video Encode Time                      0.00000 s  
> Dshow Video Decode Time                      0.00000 s  
> Media Foundation Decode Time                 0.00000 s  
> Disk  Sequential 64.0 Read                   1031.43 MB/s          8.5  
> Total Run Time 00:00:00.59  

比較結果

サンプルが少ないのでなんとも言えないのですが、誤差の範囲を超えた結果ですね。
うーん、これでは共存できても微妙かもしれない。

ベンチ項目 Hyper-V共存 VIrtualBoxのみ
CPU AES256 Encryption 107.11 MB/s 621.00 MB/s
Disk Sequential 64.0 Read 365.21 MB/s 1031.43 MB/s
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

しがないインフラエンジニア屋さんです。いままでローカルのメモ的なテキストでしかアウトプットしてなかったので、ちょっとずつここに記していくよ(不定期更新)

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう