【CentOS7】わりと使うfirewalldコマンド抜粋

公開日:2019-08-08
最終更新:2019-08-14

動作環境:CentOS7標準のfirewalld

一時的にHTTPの通信を許可

即時反映だが揮発性(Ciscoでいうrunnning-configに設定した感じ)

$ sudo firewall-cmd --add-service=http  

許可を無効にするには--remove-service=http

永続的ににHTTPの通信を許可

即時反映ではないので注意(Ciscoでいうstartup-configに設定した感じ、反映には要リロード)

$ sudo firewall-cmd --permanent --add-service=http  

firewalldをリロード

$ sudo firewall-cmd --reload  

通信許可されているものの一覧を表示

$ sudo firewall-cmd --list-all  

サービスだけに表示を絞る場合は--list-services

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
いままでローカルのメモ的なテキストでしかアウトプットしてなかったのでちょっとずつここのログにてけとーに記していくよ(不定期更新)

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする