BETA

【Mac】シリアルコンソールケーブルとscreenを使ってルータへ接続する

投稿日:2019-12-24
最終更新:2019-12-24

今までjermを使っていましたが、マシン入れ替えのタイミングでscreenに乗り換えてみました。
screenを使ったシリアル接続方法は以下の通りです。

確認済み環境

  • macOS Mojave10.14.6 (MacBook Pro)
  • Cisco 800M Series
  • Amazonで買ったUSB RJ45 シリアル コンソールケーブル(FTDIチップ搭載?)

1. Macに接続したUSBシリアルコンソールのデバイス名を確認

$ ls -l /dev/tty.*  
crw-rw-rw-  1 root  wheel    9,   2 12 20 11:22 /dev/tty.Bluetooth-Incoming-Port  
crw-rw-rw-  1 root  wheel    9,   0 12 20 11:22 /dev/tty.URT0  
crw-rw-rw-  1 root  wheel    9,   4 12 24 12:13 /dev/tty.usbserial-A402SO6K  

自分の環境では「usbserial...」の名前ですが、使用するケーブル製品によって名前が異なります

2. screenでマウスのスクロールができるおまじない(初回のみ)

$ echo termcapinfo xterm* [email protected]:[email protected] >> ~/.screenrc  

やらなくても接続できますが、スクロールできないのは不便です。

3. screenでルータへシリアル接続

$ screen /dev/tty.usbserial-A402SO6K  

4. シリアル接続を切断する

以下のキーボード操作を実行します
Ctrl + a → k → Really kill this windows [y/n] → y

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

しがないインフラエンジニア屋さんです。いままでローカルのメモ的なテキストでしかアウトプットしてなかったので、ちょっとずつここに記していくよ(不定期更新)

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう