BETA

Docker for Windows での操作メモ

投稿日:2020-05-17
最終更新:2020-05-17

wp-envのテストを引き続き行っていますが、いくつか使えそうなDocker自身のコマンドを見付けたのでメモしておきます。

Dockerのイメージ・ボリュームの確認

> docker image ls  
REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE  
> docker volume ls  
DRIVER              VOLUME NAME  

全て削除してから打ったので何もありませんが、通常ならばイメージやボリュームの一覧が表示されます。

ボリュームの削除

> docker volume rm XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX  

単体のボリューム削除ならばこれでOK。

コンテナの全削除

> for /f %T IN ('docker ps -a') DO docker rm %T  

イメージの全削除

> for /f %T IN ('docker images --format "{{.ID}}"') DO docker rmi %T  

ずっと Docker for Windows でのやり方が分からなかったので助かりました。


さて、これですっからかんにしてもう一度wp-env startしてみます。

> wp-env start  
× Error while running docker-compose command.  
2 matches found based on name: network XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX_default is ambiguous  

また怒られました……。調べてみると、ネットワークがダブっているとこの怒られ方をするとのことです。

> docker network ls  
NETWORK ID          NAME                                       DRIVER              SCOPE  
AAAAAAAAAAAA        XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX_default   bridge              local  
BBBBBBBBBBBB        XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX_default   bridge              local  
CCCCCCCCCCCC        bridge                                     bridge              local  
DDDDDDDDDDDD        host                                       host                local  
EEEEEEEEEEEE        none                                       null                local  

docker network lsでネットワークの一覧を表示します。

> docker network rm AAAAAAAAAAAA  
AAAAAAAAAAAA  

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX_defaultがダブっているので、片方のネットワークを削除すればOK。

参考

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

アルム=バンドのQrunch

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう