BETA

古いバージョンのToolset Typesが入っているWordPressでGutenbergが死ぬ

投稿日:2019-03-08
最終更新:2019-03-12

カスタム投稿・カスタムタクソノミー・カスタムフィールドを一括で管理できるプラグインでToolset Typesというものがあります。

動作は重めでしたが、よく使う「カスタム何とか御三家」を一括管理できるので便利だと思っていました。

しかし、2017年いっぱいで一部有償から完全有償に移行してしまったため、個人で使うにはちょっと……という状態になってしまいました。

また、Toolset Typesは有償移行前後でアップデートでトラブルがあったりで、更新をサボリ気味なところがありました。

※イントラ用ということもあって大目に見ていた。

そんな中、使用していた当時Toolset Types(ver2.2.23)でもりもり作りこんだサイトにおいて、本日Gutenbergが動かなくなりました。

そのサイトは4.9.xからずっとアップデートしていた(上記の通りToolset Typesは除く)ので、Gutenbergプラグインが入っていたのです。そのアップデートがあり、更新を実行したら記事編集画面が真っ白でサイドバーすら表示されないという状態に。

「何故だー」と思いつつ一つずつプラグインの停止と有効化を試したところ、Toolset Typesを停止させたら動きました。

詳しくは検証していませんが、上記バージョンのToolset Typesを有効にしているとダメになるようです(ちなみにGutenbergプラグインを抜いて本体のGutenbergが動く状態にしても変わらなかったので、Gutenbergプラグインだから、というわけでもなさそう)。

ということで、古い環境がある中にGutenbergを突っ込むと動かなくなるというサンプル事例としてメモしておきます。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

アルム=バンドのQrunch

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう