BETA

アウトプットを勘違いしていた。

投稿日:2020-02-14
最終更新:2020-02-14

結論

・思考の言語化難しい
・間違ってもいいからスピード感を持って継続的にアウトプットする
・1週間に1記事目標

アウトプットに時間がかかる問題

勉強したことのアウトプット用にこのブログを作って最初の記事を投稿してから早くも1か月ちょっと経ってしまいました。
この間に審査用の修論の提出や修論発表会などがあり結構バタバタしていたのですが、無事に合格を貰って、あとは修論最終版を提出するのみとなりました。
ということで、このブログにもこれから勉強したことをまとめて投稿していこうと早速記事を書いていたのですが、、、

アウトプットに慣れてないせいか
・なるべく間違いがないようにしっかり勉強してからまとめようとする傾向がある
・一つの記事に体系的にまとめようとする傾向がある
・思考を言語化するのに時間がかかる
・Markdownの入力に慣れていなくて時間がかかる
ことが分かりました。

前者二つに関してはこれはこれで良い側面もあるので時々そんな記事があってもいいのかなと思いますが、全ての記事でそうしてしまうととにかく時間がかかります。
慣れないうちから一つの長い記事を書こうとして、書いているうちにアウトプットの機会を失っていることに気付いたので、これは改善せねばと思った次第です。

そもそもアウトプットするメリットは何なのか

自分なりに考えてみたのですが、
・アウトプットするには10倍のインプットが必要とも言われているので知識量が増える
・思考を言語化する過程で知識が整理されて定着しやすくなる
・自分では分からない事を強い人が教えてくれるかもしれない
・間違った認識をしていたら誰かが教えてくれるかもしれない
・形に残すことで備忘録として利用出来る
・実装したものをスキルや成果物としてアピール出来る
・コードレビューしてもらえるかもしれない
・誰かに見られることを意識することで程よいプレッシャーを感じれる
などがあるのかなと思います。(他にもあると思います。メリットたくさんすごい)

「120日間」技術ブログを「毎日」投稿し続けて分かった「記事を投稿するメリット」 - Qiita

しかし、これらのメリットを最大限受けるには、当然ですが少なくともアウトプットを継続して行う必要があります。
「ネット上にはあまり無い情報で、間違いもなく必要な事柄は体系的に解説されていて、誰が読んでも理解出来る & 世のためになる記事を書くことが美徳」みたいな認識でブログを更新しようとしていたのは過ちだったなーと思いました。まだ記事更新出来てないですけど。

今後は間違いがあってもいいからと思ってスピード感を持ってアウトプットしてきます。
目標は、1週間に最低1記事。並行して長編記事も地道に書いていきます。

おしまい

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

ポエムや機械学習・統計の理論と実装について勉強したことを書いていきます。

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう