CODE COFFEEをいくつか飲んでみた

公開日:2018-11-09
最終更新:2018-11-09
※この記事は外部サイト(https://crieit.net/posts/CODE-COFFEE)からのクロス投稿です

2018年6月頃にCODE COFFEEというプログラム言語の名前を冠したコーヒーがクラウドファウンディングを利用して販売されました。購入したものを一通り飲み終わったのでその感想です。

C COFFEE

公式の紹介文

プログラムの源流となるC言語には、コーヒーの源流であるブラジル・コロンビアのブレンドを作りました。

パッケージのソースコード

#include <stdio.h>
#include <assert.h>
#include <string.h>

#include <coffee.h>

int main() {
    coffee_t* coffee = coffee_new();

    assert(0 ==
        strcmp(coffee->taste, "Delicious"));

    coffee_free(coffee);
}

Go COFFEE

公式の紹介文

Goは、Googleが開発した言語。装飾がなく、力強く、厳格な仕様。それに対して、同じく独自性の味わいのある、エチオピア産イルガチェフブレンドをチョイス。独自性のある世界観を味わいください。

パッケージのソースコード

package main

import (
    "fmt"

    "coffee"
)

func main() {
    c := coffee.New()
    fmt.Println(c.Taste()) // Delicious
}

CとGoの感想

どちらも香りと酸味が強くしっかりした味で、コーヒーを淹れている間も香りを楽しむことができました。飲んだ時の強い喉越しが香ばしく癒やされました。

妻は酸っぱい系があまり好きじゃなかったためほとんど一人で飲むことになりました。劣化する前に飲まなきゃという感じで結構バタバタしつつ飲んでいました。

素人なのでこの2種類の違いがあまり分からず同じ感想にしてしまったというのは内緒です

RUBY COFFEE

公式の紹介文

Rubyは、いろんな言語の特長のいいとこを取り入れた言語。日本人が開発して、扱いやすい言語。ということで、コーヒーは、4、5種をブレンドし、日本人に飲みやすい人気ロースターチェーンのような味わいに仕上げました。

パッケージのソースコード

require 'coffee'

coffee = Coffee.new
puts coffee.taste # Delicious

感想

こちらは説明の通り飲みやすいコーヒーでした。妻はこちらの方が好きだったっぽいですが、僕は結構尖った香りと味のするコーヒーの方が好きなのでCやGoの方が楽しめました。

まとめ

各パッケージにコーヒーを味わうソースコードが書かれているのがなにげに面白かったです。

是非お試しを! …と言いたいところなんですがクラウドファウンディングなので今はもう購入できないのかもしれません。

CODE COFFEE|プログラム言語のコーヒー

プログラム言語のコーヒー「CODE COFFEE」 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
54
+1
@alphabrendの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする