BETA

アウトプットをしてみて

投稿日:2019-12-11
最終更新:2019-12-12

はじめに

自分はほぼ日課で技術系サイト/ブログの徘徊を行っていますが、その中でアウトプットを推進する記事をちらほら目にします。
私自身もアウトプットには興味があったので、その記事などが後押しとなり、記事を書いてみることにしました。

なぜQrunchを選んだのか

Qrunchを知ったのはQiitaの記事からなのですが、製作者も謳っているように、気軽にアウトプットできる点に惹かれたことが一番の理由です。
ログ機能に関してはリリース当初から利用しており、既にメモ程度のログを数十件ほど投稿していたので、どうせなら記事も同じところに投稿しようと思いました。

アウトプットを継続するために

継続するために自分が意識した点になります。

  • 一つ大きなジャンルを決めて定期的に投稿する
    今回はWebGLについてということで、生のWebGLでの描画からライブラリを利用しての描画までを、今年中にだいたい月1くらいのペースでアウトプットしていこうと決めました。
    9月からはじめたので、波はありますがとりあえずは達成できたかなと思っています。
    目標を設定することで自分の逃げ道をなくすことも目的でしたが、進捗状況が目に見えて分かる点と、期間を長めに設定すると終わったときのやり終えた感も大きいため今後も続けていこうと思いました。

  • 時間をかけすぎない
    記事を書く際に時間をかけすぎないことを意識しました。
    自分の負担になってしまうと継続は困難だと考えたので、時間に余裕があるときに時間を決めて進めるようにしました。(その際にもポモドーロテクニックを利用しましたので、もし宜しければこちらもご覧ください。)

  • 気になったことや便利だと感じたことをメモしておく
    試せそうだと思ったものや、やってみたい、便利だと思ったものに関しては全てメモに書き残しておき、すぐに書き始められそうなものに関しては下書きへの投稿を行いました。
    WebGL関連以外の投稿は実際に試してみて実用性があると感じたものになります。

アウトプットをしてみて

アウトプットデビューしてからそれ程経っていませんが、気づいたことを上げていきます。

  • 「わかったつもり」が解消される
    よく言われていることではありますが、人に説明するためには自分に落とし込まないとならないので、「わかったつもり」が解消されます。
    実際に記事を書き始めると文字に起こすことができず、自分でもよくわかっていない部分が浮き彫りになります。
    私の場合は「わかったつもり」になってしまうとこれ以上の追求をやめてしまうので、まだ十分に理解していないことが自覚でき、復習できることは非常に効果を感じました。

  • 後続作業のモチベーションがあがる
    いくつかあげると、
    1.記事を書き終えたときに一つの記事をやり遂げたという達成感を得ることができる。
    2.投稿した記事が積み重なってくると自分の継続記録となって、自分の努力を目で確認できる。
    3.他人から反応を貰えると嬉しい。
    点などがあります。
    モチベーションの維持が継続に繋がると思うので、入りとしてはただただ記事書くだけではなく、何かしら目標を立ててからアウトプットをすると良いと思いました。

  • 文章力がつく
    単純なことではありますが、文章力がつきます。
    日常のようにすぐに疑問点を解消することができないので、文章にする際に読み手が?とならないように気をつける必要があります。
    これまであまり文字に起こすということをしていなかったので、実際に書き出してみると自分でも違和感を覚える文章になってしまうことがありました。
    その違和感を自分が納得いくレベルにまで改善することで、多少なりとも文章力がつくと思います。
    あとMarkDown記法も身につきました。

おわりに

自分が感じたことを書き連ねましたが、アウトプットをして無駄になることはないと思いました。
継続は力なりという言葉があるように、自分のペースでも続けていくことが自身の成長記録になると感じました。
公開に抵抗がある方の場合は、公開はせずに記事を書き溜めるだけでも良いと思います。
自分のようにログをメモとして扱って公開することもアウトプットだと思うので、ここから入るのもいいかもしれません。
もし興味がわいた方は是非自分なりのアウトプットをしてみてください。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

だいたいめもたまにめも

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう