BETA

Qrunch でアウトプットのハードルは下がるのか

投稿日:2018-11-06
最終更新:2018-11-06

モチベーションがありません。

Qiita の場合は「大勢の人に見てもらえる」という大きな利点があります。 そして、その膨大な会員から評価を受け、コメントをもらうことで自分の間違いを発見してもらえる安心感があります。 自分で何か検索する時も、個人のブログより Qiita の「いいね」がたくさんついていてコメントで叩かれていない記事の方が安心します。

振り返って Qrunch はどうでしょうか。アカウントを取得してみても、「ブログや Qiita よりもここを選んで記事を上げることのメリット」をあまり感じることができませんでした。

強いて言うなら「ゴミ記事はこちらへ」でしょうか。 もしくは「Qiita に投稿したものと同じ記事をこちらへ」でしょうか。

これは既にいくらかアウトプットしている人からの意見で、全くしていない人からしてみたらハードルが下がるのかもしれません。しかしそうなると、ここに上げられた記事は「Qiita に投稿したくないゴミ記事」「Qiita で読める記事」「Qiita に投稿するのはハードルが高い自信のない初心者の記事」の割合が多くなりはしませんか?

Qrunch を他人に説明するのに「レベルの低い Qiita」と説明している人はいませんか?

ハードルを下げようと工夫するのは大事なことですが、それよりもハードルを乗り越えた後のメリットがおろそかになっている気がします。メリットが無ければどんな低い段差だって越えるのは面倒なものです。

新しいサービスですから、今後色々な工夫や発展があると信じ、期待します。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@Zuishinの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

2件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
11/09 21:36

最初のつかみは、いいのではないでしょうか、自分も初心者レベルなので、ここで一緒に発展していけたらいいんじゃないかと思っています。

  • 自分の技術ブログを書く場所として、発展していって、自分色にカスタマイズできたり、自分のブログに広告がのせれるようになったりするかもしれません。
  • できたばかりのところは1年目が勝負かもしれません、投稿し続けれるサービスになることを期待して、拙い記事でもUPしようと思っています。
12/13 16:21

QiitaからQrunchに転記するツールとか作ったにも関わらず 結局Qiitaに記事を掲載している私です。

目次をみる
技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
or 外部アカウントではじめる
10秒で技術ブログが作れます!