BETA

ネットワーク入門②

投稿日:2020-05-22
最終更新:2020-05-22

TCP/IP:ネットワーク上で標準的に使用されている通信プロトコルの集まり

OSI参照モデル

  1. 物理層
  2. データリンク層
  3. ネットワーク層
  4. トランスポート層
  5. セッション層
  6. プレゼンテーション層
  7. アプリケーション層

TCP/IPモデル

  1. ネットワークインターフェース層
  2. インターネット層
  3. トランスポート層
  4. アプリケーション層

データ送信の手順
データ(送りたいもの)→カプセル化(包装する)→ヘッダを付ける(配送伝票)

TCPヘッダ=ポート番号
IPヘッダ=IPアドレス
Ethernetヘッダ=MACアドレス

MACアドレス:デバイスごとにあらかじめ付けられた固有の番号(物理アドレスとも呼ばれる)
6組2桁の16進数
最初の6桁=ベンダーコード:各ベンダーに割り当てられた番号

IPアドレス=IP(Internet Protocol)で住所情報扱い
複数のネットワークを介した通信を可能
データの出発点、最終目的地を表す

MACアドレス=Ethernetで住所情報扱い
同ネットワーク内の通信
データを次はどの機器につなぐのかを表す住所情報

ポート番号=**どのアプリケーション宛の通信なのかを識別
0~1023:ウェルノウンポート(使用頻度の高いサービスを識別、サーバ側メイン)
1024~49151:登録済みポート(IANAで登録された独自アプリ用)
49152~65535:動的/プライベートポート(クライアントで動的に使用)

TCPとUDPの違い

  • TCP=コネクション UDP=コネクションレス
  • TCP=低速 UDP=高速
  • TCP=信頼性高い UDP=信頼性低い

ARP(Address Resolution Protocol):IPアドレスとMACアドレスの対応関係を扱い、IPアドレスからMACアドレスを特定(アドレス解決)する。
arp -a:ARPテーブルを確認 arp -d:ARPテーブルを削除

レイヤ2スイッチ:データの中継を行う。MACアドレスを参照
Ethernetヘッダを外さず、カプセルの中身を参照しない。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@YagiTEvの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう