tornado の websocket に別のドメインから接続しようとして 403 になるとき

公開日:2018-10-18
最終更新:2018-10-24

原因

掲題の件、クロスドメインでのアクセスが禁止されている可能性があります

User's guide によると

  • Tornado 4.0 までは、自分以外のオリジンからのアクセスをデフォルトで許可していた
  • それ以降の Tornado ではデフォルトで禁止しているので、WebSocketHandler.check_origin(origin) をオーバーライドして許可するようにしないとクロスドメインアクセスはできない

解決方法

API にして汎用に使いたいのでクロスドメインアクセスを許可したい場合は、 こんな感じcheck_origin()true を返してあげます

感想

繋がった、よかったー

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
@TakeyukiUEDAの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする