BETA

RubyでHTTPリクエスト(ついでにJSONでデータを取得)

投稿日:2020-01-13
最終更新:2020-01-13

Rubyでhttpリクエストを実行して、JSON形式で取得したデータから必要な値を抽出する手順です。

手順

  1. URIクラスのインスタンスを生成
     ※日本語を含む場合はencodeを指定しないとエラーになる
  2. Net::HTTP.get_responseの引数に渡す
require net/http  

URIインスタンスを生成   
uri = URI.parse("https://リクエストのURI")  
日本語を含む場合  
uri = URI.parse URI.encode("https://日本語を含むURI")  

リクエスト実行  
response = Net::HTTP.get_response(uri)  

JSONデータを取得する場合、response.bodyは文字列型なのでハッシュに変換する。

require “json"  

ハッシュに変換  
data = JSON.parse(response.body)  
必要な値を取得  
id = data[“id”] とか  

参考

【Qiita】RubyのHTTPリクエストをできるだけシンプルに実装する
rubyのURIで日本語を含むURIに対応する。
RubyでJSONを扱うときに便利な関数まとめ

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@JIJIの技術ブログ 勉強したことのメモを記録していきます。 まだまだ未熟者なのでコメントいただけると嬉しいです!

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう