BETA

【webpack-dev-server】バックエンド側へのAPIのリクエストをproxyする場合のwebpackの設定

投稿日:2020-02-06
最終更新:2020-02-06

概要

バックエンド側へAPIのリクエストをproxyする場合のwebpackの設定についてです。

設定

module.exports = {  
  devServer: {  
    proxy: {  
      '/api': 'http://foo' // バックエンド側URL  
    }  
  }  
};  

上記の設定で/api/barのリクエストはhttp://foo/api/barへproxyされます。

更に詳しい設定は公式のドキュメントのdevServer.proxyk項目を参照ください。

参考文献

webpack公式ドキュメント

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@G6q3PbTRqAPm72nWの技術ブログ

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう