BETA

【Python3.8】仮想環境作成

投稿日:2020-03-07
最終更新:2020-03-07

概要

Python3標準ライブラリであるvenvを使用した仮想環境の作成手順です。

環境

  • Windows 10
  • Python 3.8.2

※今回はコマンドプロンプトを使用しております。

手順

今回のディレクトリ構造は以下のとおりです。
C:\Users\user\foo

  1. 仮想環境を作成したいディレクトリに移動します。

  2. 以下のコマンドで仮想環境を作成します。今回はbarという名前で作成します。

    C:\Users\user\foo> py -m venv  bar  

仮想環境の有効化・無効化

有効化

作成した仮想環境の有効化は以下のコマンドで行うことができます。

C:\Users\user\foo> bar\Scripts\activate  

有効化されると、先頭に(bar)と表示されます。

(bar) C:\Users\foo>  

PowerShellでは手順が少し違うようです。
以下を参考にしてください。

仮想環境 - python.jp PowerShellでの切り替え

無効化

以下のコマンドで無効化します。

(bar) C:\Users\user\foo> deactivate  

無効化されると先頭の(bar)がとれます。

C:\Users\user\foo>  

参考文献

仮想環境 - python.jp

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

備忘録メインです。

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう