IndexedDBでは、
1、まずオブジェクトスコアというテーブルを作成した後で、
2、そのオブジェクトスコアのトランザクションを開き、
3、オブジェクトスコアへのアクセスを行い、
4、データの追加or削除
という流れで操作する。
また、トランザクションがひらいた場合やデータの追加がうまくいった場合のイベントにはイベントハンドラーを用いて記述する。

関連記事

この記事へのコメント

まだコメントはありません
+1
7
@FisFyC0MmaWGejdlの技術ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加