BETA

React+ServestでDenoでSSRしてHerokuにデプロイ

投稿日:2019-12-26
最終更新:2019-12-26

概要

https://servestjs.org/
にあるサンプルを
https://qiita.com/chibato/items/839e13ab09428dc1481c
を使ってデプロイしました。

Denoのインストール

以下、環境:Ubuntu 18.04

curl -fsSL https://deno.land/x/install/install.sh | sh  

でDenoをインストール。

Heroku CLIのインストール

sudo snap install --classic heroku  

その後

heroku login  

でログインをする。

サーバーのコード

https://servestjs.org/
に載っているコードを、ポートだけ環境変数から取れるようにしました。

// snip ...  
const port = Deno.env().PORT || 8899;  
// snip ...  
router.listen(`:${port}`);  

ここ以外はもとのコードと同じです。

デプロイ

https://qiita.com/chibato/items/839e13ab09428dc1481c
通りですが、--allow-envオプションを追加したことと、--portオプションがないところが異なっています。

アクセス

heroku open  

でアクセスすると、Hello Servest!が表示されます。

感想

未来感すごいですね。もうちょっと複雑なものもDeno使って作ってみたいです。

追記

コードを一応GitHubに上げました
https://github.com/Catminusminus/React-Deno-SSR-Heroku

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@Catminusminusの技術ブログ Frontend/Machine Learning/C++など、興味のあるものについて、小ネタや調査中のこと、備忘録を書いたりします

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう