BETA

Netlifyの使いすぎに注意

投稿日:2020-03-11
最終更新:2020-03-11

はじめに

Netlify、便利ですよね。私も使っています。
で、よく「Netlifyは無料」っていろんなところに書いてあるんですよ。
それは確かにある意味では正しいんですが、使いすぎには注意しましょう。

料金プランとoverdue

Netlifyの料金プランは3つあります。
https://www.netlify.com/pricing/
で、StarterプランはGet started for freeって書いてますね。
じゃあ無料で使えるじゃん、と思うのですが、その下の表で
「Extra build minutes $7/500 minutes」
とありますね。

これは、AWSと同じで、超過すると自動で課金されます。

一方、Starterプランではクレカを登録せずに使えます。
ではそのときに超過するとどうなるかというと、overdueアカウントになります(登録してても有効期限が切れてたりすればoverdueになります)。
overdueアカウントになるとどうなるかというと、

  • 支払いを促すメールが毎日届く
  • Web UIにバナーメッセージが表示される

さらに2週間が経過すると

  • 新しいサイトの作成やサイトのセッティングの変更といったadministrative actionsができなくなる
  • PUT/POST/DELETE APIリクエストが"Access denied"で失敗する

さらに(overdueになってから)4週間後には

  • チームの支払い方法のアップデート以外のactionができなくなる
  • ホストしているサイトを閲覧しようとするとそのサイトがsuspendされたというページが表示される

となります(https://docs.netlify.com/accounts-and-billing/billing/#overdue-accounts より)。

おわりに

ドキュメントを読みましょう。
https://docs.netlify.com/#get-started

以上失敗談でした。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@Catminusminusの技術ブログ Frontend/Machine Learning/C++など、興味のあるものについて、小ネタや調査中のこと、備忘録を書いたりします

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう