Google App Script をgitで管理する

公開日:2019-02-10
最終更新:2019-02-11
※この記事は外部サイト(https://qiita.com/qwq00/items/888881b1d770...)からのクロス投稿です

claspを導入する

ここの手順でインストール済み。
隠しファイル・隠しフォルダの表示切り替えは[shift + command + .]でできる。

Google Apps Script API の有効化

https://script.google.com/home/usersettings
上記にアクセスして、Google Apps Script API をオンにする。
これでアカウントのGASプロジェクトをclaspで操作できるようになる。

claspにログイン

clasp login

ターミナルで上記を実行すると、ブラウザが立ち上がるのでGoogleアカウントにログインする。

プロジェクトをローカル上にcloneする

ターミナルでクローンするディレクトリに移動して、下記のコマンドを実行する。

clasp clone [スクリプトID]

スクリプトIDはファイル→プロジェクトのプロパティで確認できる。
念の為、ターミナルにコマンドを打ち込むときにスクリプトIDに[]は必要ない。

gitリポジトリの用意

好きな名前で準備する。

ターミナルからgitへpushする

git config --global user.name xxxxx  
git config --global user.email [email protected]  
git init  
git add .  
git commit -m 'First Commit'  
git remote add origin https://github.com/xxxxx/xxxxx.git  
git push -u origin master

-u オプションをつけることで、以後はgit pushでoriginをmasterにpushできる。

コードの変更をGASプロジェクトへ反映する

.clasp.json がある場所で以下を行う。

clasp push

これでローカルファイルをGASプロジェクトへアップロードしてくれる。

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
0
+1
@7nabaの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする