VirtualBoxにArchLinuxをインストールする

公開日:2018-10-28
最終更新:2019-04-15
※この記事は外部サイト(https://qiita.com/tomi_sheep/items/ddd9c7b...)からのクロス投稿です

最初に

VirtualBoxにArchLinuxをインストール、XFCEをインストールしていきます
このページではArch Linuxのインストールから、Xfceの設定までを書きます
UEFI-GPT環境でインストールします、その他の環境でインストールする方はご注意ください
ビギナーズガイドに沿って(違う場所もあるかも?)インストールしていくので分かりづらかったらビギナーズガイドを見てインストールしてください
間違っている所があればコメント下さい

参考にしたURL

普段使いのArch Linux
VirtualBox
Xorg
LightDM
Xfce
PulseAudio
Advanced Linux Sound Architecture

ホスト環境

  • Windows 10 Home 64bit
  • VirtualBox 5.2.12

ゲスト環境

  • メモリー 8192MB
  • ビデオメモリー 256MB
  • ディスク 64GB
  • archlinux-2018.06.01-dual.iso
  • x86_64bit

必要な設定

"EFIを有効化"にチェックを入れないとGPT/UEFI環境で起動できないので必ずチェックを入れてください

起動


一番上の"Arch Linux archiso x86_64 UEFI USB" を選択、一分程待機してください


この画面になったらコマンドを入力していきます

キーマップやフォントの設定

キーマップを日本語にしてフォントを変更します

# loadkeys jp106  
# setfont lat9w-16  

英語キーボードならこの手順は必要ありません

通信できているかの確認、時計を合わせる

# ping -c 3 www.google.com  
# timedatectl set-ntp true  

VirtualBoxにインストールしていれば手動で接続する必要はないと思うので、このまま進めていきます

パーティションの準備

パーティションを切っていきます
sdXとなっている場所はlsblkを使用して自分のデバイス名に変換してください

# gdisk /dev/sdX  
Command (? for help):o  
This option deletes all partitions and creates a new protective MBR.  
Proceed? (Y/N): y  
Command (? for help):n //このコマンドで新しいパーティションを作る  
Partition number: 1  
First sector     : Enter  
Last sector      : +512M  
Hex code or GUID : EF00  
Command (? for help):n  
Partition number: Enter  
First sector     : Enter  
Last sector      : Enter  
Hex code or GUID : Enter  
Command (? for help):w  
Do you want to proceed? (Y/N)y  

パーティションのフォーマット,マウント

# mkfs.vfat -F32 /dev/sda1  
# mkfs.ext4 /dev/sda2  
# mount /dev/sda2 /mnt  
# mkdir -p /mnt/boot  
# mount /dev/sda1 /mnt/boot  

ベースシステムのインストール

この作業で必要なパッケージをインストールしていきます
まずは、jaist,tsukubaサーバを一番上に移動させます
ctrl+w japan+enterで検索、ctrl+kで切り取り、ctrl+uで一番上に貼り付けctrl+xで終了

# nano /etc/pacman.d/mirrorlist  

*URLの順番はあくまで一例ですので、自分の国に一番近いミラーリストを上に貼り付けてください

##  

## Arch Linux repository mirrorlist  

## Filtered by mirror score from mirror status page  

## Generated on 2018-06-01  

##  



## Japan  
Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch  
## Japan  
Server = http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/archlinux/$repo/os/$arch  
## Japan  
Server = http://archlinux.asia-east.mirror.zoidplex.net/$repo/os/$arch  
## Japan  
Server = http://mirrors.cat.net/archlinux/$repo/os/$arch  
## China  
Server = http://mirrors.tuna.tsinghua.edu.cn/archlinux/$repo/os/$arch  
## Lithuania  
Server = http://mirrors.atviras.lt/archlinux/$repo/os/$arch  
## South Africa  
Server = http://mirror.wbs.co.za/archlinux/$repo/os/$arch  
## Singapore  
Server = http://mirror.nus.edu.sg/archlinux/$repo/os/$arch  
## Belgium  
Server = http://archlinux.cu.be/$repo/os/$arch  
...  
# pacman -Syy  
# pacstrap /mnt base base-devel  


こんな感じにすればOK

fstabの生成

# genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab  
# cat /mnt/etc/fstab  

chrootでの作業

# arch-chroot /mnt /bin/bash  
# nano /etc/locale.gen  
en_US.UTF-8,ja_JP.UTF-8のコメントアウトを外す  
# locale-gen  
# echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf  
# export LANG=en_US.UTF-8  

キーマップを日本語にする

# nano /etc/vconsole.conf  
KEYMAP=jp106  
FONT=lat9w-16  

タイムゾーンを東京にする

# ln -fs /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime  
# hwclock --systohc --utc  

ホストネームを追加する

ホスト名はとりあえずlocalhostにしておくといいかもです
下の画像ではホストネームがarchlinuxですが、気にしないでください

# echo 〈ホスト名〉 > /etc/hostname  
# nano /etc/hosts  

...  
# Static table lookup for hostnames.  
# See hosts(5) for details.  
127.0.0.1       localhost  
::1             localhost  
127.0.1.1       archlinux.localdomain archlinux  
...  

systemd-networkd等が起動されるようにする

このコマンドでとりあえずsystemd-networkd,systemd-resolvedが起動されるようにしておきます
細かい設定はOSのインストール後にします

# systemctl enable systemd-networkd  
# systemctl enable systemd-resolved  

パスワードの設定

# passwd  

文字は表示されていないませんがきちんと打てているので安心してください

systemd-bootの設定

GRUB派だったんですが、systemd-bootもよかったので、GRUBから置き換えます

# bootctl --path=/boot install  
# bootctl update  
# nano /boot/loader/loader.conf  
default arch  
timeout 5  
editor 0  
# blkid -s PARTUUID -o value /dev/sda2  
********-****-****-****-************ // 出力された英数字を下記の****に書いてください  
# nano /boot/loader/entries/arch.conf  
title          Arch Linux  
linux          /vmlinuz-linux  
initrd         /initramfs-linux.img  
options        root=PARTUUID=**** rw  

GRUBのインストール

systemd-bootの設定をしていたらこの段は必要ありません

# pacman -S grub dosfstools efibootmgr  
# grub-install --target=x86_64-efi --efi-directory=/boot --bootloader-id=arch_grub --recheck  
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg  
# mkdir /boot/EFI/boot  
# cp /boot/EFI/arch_grub/grubx64.efi  /boot/EFI/boot/bootx64.efi  

仮想マシンのシャットダウン

# exit  
# umount -R /mnt  
# shutdown -h now  

仮想マシンがシャットダウンされたらディスクを除去してください
取り敢えずArchLinuxのインストールは終了しました

ネットワークの設定

OSをインストールした段階では、まだネットワークは有効になっていません
なので、通信できるように設定をします

# mv /etc/resolv.conf /etc/resolv.conf.orig  
# ln -s /run/systemd/resolve/resov.conf /etc/resolv.conf  
# ip a  
# nano /etc/systemd/network/20-wired.network  
[Match]  
Name=en* //ここには ip aで出てきた出力の下に出てきた、例えば、enp0s3などの英数字を入れてください  

[Network]  
DHCP=yes  


あとはサービスを再起動してネットワークが通じるようになります

# systemctl restart systemd-networkd  
# systemctl restart systemd-resolved  

Swapfileの作成

もしswapが必要でなければこのステップは飛ばしてください
メモリが潤沢に搭載している場合もスキップしてください。あくまでメモリが心もとない場合の手段ですので、8GB以上搭載しているなら必要ないかもしれません
swapとは、マシンに搭載しているメモリでは足りなくなってしまったときにあらかじめハードディスクに作っておいた仮想メモリを一時的に使う技術...かな?詳しくは知らないので興味がある方はご自分で検索してみてください

swap領域
スワップ - ArchWiki -

# fallocate -l (必要なサイズ)M,G /swapfile  
# chmod 600 /swapfile  
# mkswap /swapfile  
# swapon /swapfile  
# nano /etc/fstab  
#   
# /etc/fstab: static file system information  
#  
# <file system>    <dir>    <type>    <options>    <dump>    <pass>  
# /dev/sda2  
UUID=7d04edf6-cd65-4c96-bee5-355008c803f7    /             ext4          rw,relatime,data=ordered    0 1  

# /dev/sda1  
UUID=F17B-8386          /boot         vfat          rw,relatime,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,errors=remount-ro    0 2  

/swapfile none swap defaults 0 0 # ここを追加してください  
# reboot  

スワップがきちんと機能しているか確認しましょう

$ free -m  

こうなっていたらOKです

一般ユーザーの作成

# useradd -m -G wheel -s /bin/bash "ユーザー名"  
# passwd "ユーザー名"  
# visudo  
...  
##  
## Runas alias specification  
##  

##  
## User privilege specification  
##  
root ALL=(ALL) ALL  

## Uncomment to allow members of group wheel to execute any command  
%wheel ALL=(ALL) ALL  

## Same thing without a password  
# %wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL  
...  

viが起動します
アンコメントしたい場所にカーソルを合わせてxを押すと文字を削除されます
一般ユーザーを作成したらRootからログアウトして作成したユーザーからログインしてください

pacmanの色付け

sudo nano /etc/pacman.conf  
...  
# Misc options  
#UseSyslog  
Color // ここのコメントを外す  
#TotalDownload  
CheckSpace  
#VerbosePkgLists  
...  

yayのインストール

AURに登録されているパッケージをインストールするためのパッケージを導入します
ここではyay(Yet another Yogurt)をインストールします

$ sudo pacman -S git  
$ git clone https://aur.archlinux.org/yay.git  
$ cd yay  
$ makepkg -si  

これでyayがインストールされました。

lts-kernelのインストール

仮想環境にインストールする場合、lts-kernelにしたほうがよさげなのでインストールしておきます
まあ、実機にインストールす場合でもlts-kernel入れといたほうがいいとも聞きますし、入れておいて損はないと思います

$ sudo pacman -S linux-lts linux-lts-headers  
$ sudo cp /boot/loader/entries/arch.conf /boot/loader/entries/arch-lts.conf  
$ sudo nano /boot/loader/entries/arch-lts.conf  
title Arch Linux - LTS Kernel  
linux /vmlinuz-linux-lts  
initrd /initramfs-linux-lts.img  
$ sudo nano /boot/loader/loader.conf  
default arch-lts  
timeout 5  
editor no  
$ sudo reboot  
$ uname -r  

Guestutilsのインストール

$ sudo pacman -S virtualbox-guest-utils  

linux kernel を使用している場合は、2のvirtualbox-guest-modules-archを選択する
linux-ltsなど他のカーネルを使用している場合は、1を選択

VirtualBox

$ sudo systemctl enable vboxservice  
$ sudo reboot  

Xorgのインストール

次のコマンドでPCに搭載されているグラフィックカードを確認します
VirtualBoxの場合はxf86-video-vesaです
xf86-video-fbdevも入れておくといいらしいです

$ lspci | grep -e VGA -e 3D  
$ sudo pacman -S xf86-video-vesa xf86-video-fbdev xorg-server xorg-apps xorg-xinit mesa xorg-twm xorg-xclock xterm  
$ startx  

Xorgが立ち上がれば成功です
タッチパッドを認識しない場合はlibinputか、xf86-input-libinputを入れて設定してください

libinput

XFCEのインストール

pacman.confの34行目くらいにColorがあるのでコメントアウトしておくとパックマンなどの出力に色がつくのでおすすめです

XFCEとその他のパッケージをインストール  
$ sudo pacman -S xfce4 xfce4-goodies lightdm lightdm-gtk-greeter lightdm-gtk-greeter-settings plank adapta-gtk-theme papirus-icon-theme xdg-user-dirs-gtk gamin gvfs xarchiver zip unzip pulseaudio pulseaudio-alsa pavucontrol alsa-utils noto-fonts-cjk ttf-dejavu ttf-roboto chromium firefox firefox-i18n-ja  
$ yay -S google-chrome ttf-myricam breeze-snow-cursor-theme  

xfce4-goodiesは、私にとっての必要最小限を選択してインストールします

$ sudo nano /etc/lightdm/lightdm.conf  
...  
#unity-compositor-command=unity-system-compositor  
#unity-compositor-timeout=60  
greeter-session=lightdm-gtk-greeter  
...  

lightdmを有効化する  
sudo systemctl enable lightdm  

一度再起動する  
sudo reboot  

日本語環境の設定

環境変数日本語用に変更する

$ sudo nano /etc/locale.conf  
LANG=ja_JP.UTF-8  
# LANG=en_US.UTF-8  

fcitxのインストール

$ sudo pacman -S fcitx-im fcitx-configtool fcitx-mozc  

xprofileの設定

$ nano ~/.xprofile  
export GTK_IM_MODULE=fcitx  
export QT_IM_MODULE=fcitx  
export XMODIFIERS=”@im=fcitx”  

一度ログインしなおす変更されていなければ再起動を繰り返す

入力メソッドの追加

fcitxをインストールしてすぐに日本語の入力ができるというわけではなく、入力メソッドの設定からMozcを追加する必要があります

左下の+をクリックして

Mozcを選択してOKをクリック

Mozcが追加されたらOKです

後は好みのキーバインドを設定して入力メソッドの設定は完了です

フォントの設定

$ su  
# nano /etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf  
<?xml version="1.0"?>  
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">  
<fontconfig>  
  <match target="font">  
    <edit mode="assign" name="embeddedbitmap">  
      <bool>false</bool>  
    </edit>  
    <edit mode="assign" name="hintstyle">  
       <const>hintnone</const>  
    </edit>  
  </match>  
</fontconfig>  

# ln -s /etc/fonts/conf.avail/71-no-embedded-bitmaps.conf /etc/fonts/conf.d/71-no-embedded-bitmaps.conf  
# reboot  

XFCEの設定など

気が向いたら画像を追加します
この段落では私がしている設定を追っているだけですので、全部を真似する必要はありませんので画像無しで行きます
自分で気に入ったテーマを見つけて自分だけのArch Linuxを作りましょう
壁紙はgoogleでwallpaper freeなどで検索すると品質の良いサイトが出てくるので好みに合った画像を入手してください

まずは、上部のバーを右クリックしてパネル→パネルの設定を選択します
パネル1と書かれたところをクリックして、パネル2を選択します
パネル2を選択したら、右にあるーをクリックしてパネル2を削除します
大きさと書かれたところにある行サイズを27にあわせます
アイテムタブに移動して、プラスマークをクリックして、Clipman,Pulseaudio プラグイン,Whisker Menuを追加して、右にある上ボタンをクリックして適当な位置に置きます
パネルウインドウを閉じて、四角が4つ連なったものを右クリックして、ワークスペースの設定をクリックして、レイアウトにあるワークスペースの数を4から1にへらしてください
次に、Whisker Menuのネズミマークを右クリックして、プロパティを選択して設定を表示します
表示をアイコンとタイトルにして、タイトルをアプリケーションからMenuに書き換えます
メニュー段落にあるアプリケーションの説明を表示するのチェックマークを消します
振る舞いタブに移って、カテゴリを左に表示するにチェックを入れます
コマンドタブに写ってスクリーンのロック,ユーザーの切り替えのチェックを外します。これでWhisker Menuの設定は終わったので設定を閉じてください
次にデスクトップを右クリックしてデスクトップの設定を選択してください
アイコンタブにうつって、アイコンのサイズを32にして、Enterを押します
シングルクリックでアイテムをアクティベートするにもチェックを入れます
ウインドウを閉じてWhisker Menuの左下にある設定ボタンをクリックして、ウインドウマネージャーを開きます
スタイルをDefaultからAdaptaに変更して、タイトルのフォントをSans BoldからNoto Sans CJK JP Regulerに変更してください
メインメニューに戻ってウィンドウマネージャー(詳細)を開いてください
アクセシビリティに移って、いずれかのマウスボタンが押されている時にウィンドウを前面に出すのチェックを外します
コンポジット処理に移って、ドックウインドウに影を落とす,通常のウインドウに影を落とすのチェックを外してください
メインメニューに戻って外観を選択して、スタイルタブでAdaptaを選択して、アイコンタブに移ります
アイコンをPapitus-Adaptaにします
フォントタブに移ってデフォルトフォントをSansからNOto Sans CJK JP Regulerに設定を変更、デフォルトMonospaceフォントをMonospaceからNoto Sans Mono CJK JPに変更してメインメニューに戻ってください
ファイルマネージャーを選択して振る舞いタブに移ってシングルクリックでアイテムをアクティブにするにチェックを入れて、選択状態になるまでの時間を無効にしてください
メインメニューに戻ってマウスとタッチパッドを選択してください
テーマタブに移ってカーソルテーマをデフォルトからBreeze Snowに変更してください
メインメニューに戻ってセッションと起動を選択してください
自動開始アプリケーションタブに移って、追加をクリック、名前をplank,説明をDock,コマンドをplankにしてOKをクリックして設定マネージャーを閉じてください
Plankの設定をする前に、Plankを起動して、CTRLを押しながら右クリック→設定を開いてください。その後は一旦閉じてください
ブラウザを開いて NicoHood に飛んで、Zipをダウンロードして展開、arc-theme-master→extra→Arc-Plankをコピーして/home/User/.local/share/plank/themesにペーストしてください
Plankの設定を開いて、テーマをDefaultからArc-Plankに変更してください
後はいらないアイコンを消して必要なアプリをドラッグ&ドロップしてください

終わり

お疲れ様でした

記事が少しでもいいなと思ったらクラップを送ってみよう!
36
+1
@6xuuNKU2FyA70tivの技術ブログ

よく一緒に読まれている記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう
目次をみる

技術ブログをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

技術ブログを開設する

Qrunchでアウトプットをはじめよう

Qrunch(クランチ)は、ITエンジニアリングに携わる全ての人のための技術ブログプラットフォームです。

Markdownで書ける

ログ機能でアウトプットを加速

デザインのカスタマイズが可能

技術ブログ開設

ここから先はアカウント(ブログ)開設が必要です

英数字4文字以上
.qrunch.io
英数字6文字以上
ログインする