BETA

Railsで仮想環境を使う準備をするコマンドと終了するコマンド

投稿日:2020-01-14
最終更新:2020-01-19

タイトルの通り、作業開始前後にターミナルに打ち込むコマンドまとめです。

作業開始時

0.仮想環境を構築したディレクトリに移動

①仮想環境の起動

$ vagrant up  

●●●:vagrant (ユーザー名)$  という表示になる



②仮想環境へSSH接続

$ vagrant ssh  

[email protected]●●●:~$  という表示になる




③仮想環境内の共有フォルダへ移動

$ cd /vagrant  

[email protected]●●●:/vagrant$  という表示になる





作業終了時

仮想環境からのログアウト

$ exit  





仮想環境のシャットダウン

$ vagrant halt  



もしくは休止が可能


仮想環境の休止

$ vagrant suspend  

まとめ

起こす→つなげる→中へ移動→作業開始
出ていく→寝かせる(もしくは休憩させる)
というイメージ。

エラーが出たときは
①コードが間違っていないか
②今自分がいる場所で合っているか
を確認した方がよさそう。

技術ブログをはじめよう Qrunch(クランチ)は、プログラマの技術アプトプットに特化したブログサービスです
駆け出しエンジニアからエキスパートまで全ての方々のアウトプットを歓迎しております!
or 外部アカウントで 登録 / ログイン する
クランチについてもっと詳しく

この記事が掲載されているブログ

@miの技術ブログ プログラミング 初心者。 アウトプットの一環としてブログを書いています。 プログラミングを勉強中、 ブログを書くことを練習中、 といった感じです。

よく一緒に読まれる記事

0件のコメント

ブログ開設 or ログイン してコメントを送ってみよう